ギターWBG
Google
 

J-45ローズウッド

J-45ローズウッド(Rosewood)について。ギブソンJ-45も一つの種類ではなくサンバーストカラ、チェリーサンバースト、タバコサンバーストと色のバリエーション、年代による音の違いブリッジやペグ、ブリッジの仕様の違いがあり、ひとえにどのgibson j-45が最もすばらしいのかというのか決められません。演奏舎の求めている音がストロークなのかソロなのか、ブルースなのかフォークなのかジャズなのか様々だからです。戦前のギブソンが鳴りだけいえば一番鳴るギブソンなのでしょうが、そこには好き嫌いがあることでしょう。GibsonJ-45ローズウッド(Rosewood)はそんなj-45の中で間違いなくメーカーが示す上位モデルのJ-45です。バックサイドに普通のマホガニーではなくによるローズウッド(ソリッドインディアンローズウッドやマダガスカルローズウッド)を使用しているのが特徴です。
フィンガーボードとブリッジにはエボニーを採用し、この組み合わせはまさにマーティンのもの。装飾にはゴールド・ペグを搭載するなど、のアップグレードが行われていてまさにJ-45の上位機種に恥じないギターとなっています。
マホガニーボディがgibsonの音の特長ともいえますが、J-45Rosewoodは同じj-45やJ-50と比較して高音部のサスティーンが出やすい傾向にあり、これは素材の比重の重さがサウンドに現れているいい例です。j-45Rosewoodはどっしり落ち着きがあり、深みのある音がだせるアコースティックギターです。
j-45ローズウッドモデルはアンティークナチュラル、ビンテージサンバーストどちらも存在しています。
高級機だけあって定価は\340,000と少しお高いのですが、エボニーの一度飲み込んでから思い切り飛んでいくような低音の魅力もエボニー素材を使ったアコギの売りでしょう。
ルシアーの丁寧な作りを期待できるアコースティックギター、ギブソンJ-45ローズウッドモデルの現行機種にはアクティヴ・ピックアップが内蔵しラインにも対応できるギターなのでステージ栄えするモデルです。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4746955
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6