ギターWBG
Google
 

ギブソン アコースティック

ギブソンアコースティックギターはフラットトップのジャンボモデルやアーチトップモデルとあるがそれらギブソンアコースティックのラインナップ。、

カントリー・ウェスタン・ジャンボ(Counry Westem Jumbo)
カントリー・ウェスタン・ジャンボは56年からサザンジャンボのナチュラルフィニッシュがあり、このカントリー・ウェスタン・ジャンボという名前がつく。

ギブソンアコースティックギター CF100
50〜58年に生産されたgibsonCF100はカッタウェイギターの走り。LGに相当するサイズは14 1/8。J-160Eの前に登場した第一弾エレアコ。
(エレクトリック・アコースティックギター)

ギブソンアコースティックギター Everly Brothers
ギブソンJ-180の原型となったEverly Brothersは62年にリリースしたジャンボタイプ。

ギブソンアコースティックギター F-25
F-25は63〜71年に製作された小型のギブソンで「フォークシンガー」と呼ばれたりする。

ギブソンアコースティックギター Gibson J-185
Gibson J-185はスーパージャンボボディを継承し51年に発表されたモデルでJ-200シリーズよりもひと回り小さいボディ、スモールジャンボサイズのギター。
カスタムモデルにはサイドバックにコア材を用いたGibson J-185 Koa Customやローズウッドにバインインレイの入ったGibson J-185ROSEVINE CUSTOMなどがある。定価は新品で\288,000

色: アンティークナチュラル、ビンテージサンバースト
モデル: J-185
ボディ: ジャンボ
トップ: ソリッドシトカスプルース
バック&サイド: ソリッドメイプル
指板&ブリッジ: ローズウッド
ネック: マホガニー

ギブソンアコースティックギター J-55
アドバンスドジャンボにはさらに上位の機種があります。ギブソンJ-55は39年に発売され各弦が独立したサドルを持つマスタッシュ・ブリッジを搭載しているギターがJ-55。

ギブソンアコースティックギター ジャンボ(Jumbo)
ギブソンラウンドショルダーの起源は20年代末に発売されたHGシリーズ。もとはハワイアン・ラップ・スティールの奏法を想定して販売していた。HGシリーズは33年に生産が終了。翌年にGibson Jumboが発売されジャンボの祖になった。


ギブソンアコースティックギターSJ-100
SJ-100(スーパージャンボ100)はギブソン・フラットトップSJ-200の下位機種にあたり、39年にリリースされた。SJ-200と同様に17インチのジャンボボディ。スプルーストップ、サイド・バックをマホガニーのギター。

ギブソンアコースティックギターStyle-U Harp Guitar
Style-U Harp Guitarは10弦ハープと6弦ギターを組み合わせた楽器で1900年初期から39年まで生産され。その個体数は非常に少ない。

ギブソンアコースティックギターStyle-O
アーチトップスタイルながらラウンドホールを持つStyle-O。1902年い発売されたギターでGibsonの中で最も古い歴史のあるguitar。リーゼントのようなカッタウェイがクラシックの弦楽器のように美しい造詣を作っている。

ギブソンアコースティックギターSuper-400(スーパー400)
gibson Super-400はギブソンアーチトップ・アコースティックギター
の最高峰。カッタウェイはプリメイアーという。

ギブソンアコースティックギター Western Classic SJ-200
ギブソン・カスタムショップ・モンタナ工場によるカスタム晩のSJ200。Western Classic Custom。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4775170
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6