ギターWBG
Google
 

ブルースキングモデル

Blues King(ブルースキング)モデルはブルースマン達に支持を受け続けていたgibsonスモールボディのアコースティックギターで(ブルースは「モダン・ブルース」「アーバン・ブルース」など内部は細分化されています。 アルバート・キング、フレディ・キング、キング オブ ブルースのBB・キングの三大キングをはじめ、ティーボーン・ウォーカー、クラレンス・ゲイトマウス・ブラウン、ボビー・ブランド、オーティス・ラッシュ、バディ・ガイ、エルモア・ジェームス、アール・フッカーなど多くの偉大なミュージシャンを生み出してきました。エリック・クラプトンなどのおおくのミュージシャンが影響を受けていますね。)

元になった1932年からギブソンL-00で採用していたスモールボディシェイプのBlues King(ブルースキング)は若干ボディ厚が薄くなっていて弾きやすいギターです。トーンバランスのとれたgibson blues king(ブルースキング)は中古のものでも値段は定価が\260,000位で手が出やすいものが多いようです。
2000年以降のGibson blues king(ブルースキング)も最近のギブソンは個体による当たりはずれが少ないですからギブソン社チェアマンも語るようにこれからのスタンダードアコギになる可能性を秘めています。色はビンテージサンバースト。

というのもマーティンでは000(トリプルオー)から00(ダブルオー)という風にギターサイズも少しずつ小さいものが注目されているようです。見た目よりも弾きやすさといったところでしょうか。
クォーター・チョーキングでもかましてブルースの音を味わってみましょう。

Gibson Blues Kingのスペックはボディサイズはスモール、トップにソリッドスプルース、バックサイドはソリッドマホガニー、指板とブリッジにはローズウッドを採用し、ネックはマホガニー。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4811299
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6