ギターWBG
Google
 

ドワイト・ヨーカムモデル

Dwight Yoakam Honky Tonk Deuceの詳細。
Pieces of Timeなどの楽曲で知られる80年代を代表するカントリー・アーティストであるドワイト・ヨーカム(Dwight Yoakam)はベイカーズ・フィールド・サウンドの正統な後継者でGibsonシグネイチャ・モデルのDwight Yoakam Honky Tonk Deuceというアコースティックギターも発売しています。

テンガロンハットがトレードマークのドワイト・ヨーカムのシグネイチャーモデルは見た目はギブソンサザンジャンボのようなギターで、サイドバックにインディアン・ローズウッドを使用。(07以降はマダガスカルローズかも)このDwight Yoakam Honky Tonk Deuceで印象的なのは12フレットのインレイと、ピックガード。ピックガードにはサイコロが描かれているアコギです。

ドワイト・ヨーカムモデル(Dwight Yoakam Honky)はマザー・オブ・パール・ダイスと呼ばれるサイコロの柄が描かれ、ラウンドショルダー、サンバーストというJ-45、サザンジャンボといったgibsonの定番とは一味違うセンスを演出しています。

Dwight Yoakam Honky Tonk Deuce
ボディはラウンドショルダーでトップにソリッドシトカスプルースを使いバックサイドにソリッドインディアンローズウッド、指板ブリッジにはローズウッド、ネックはマホガニーと比較的ギブソン定番に近いタイプです。色も同じようにアンティークナチュラル、ビンテージサンバーストの2種類です。シグネーチャーも尾出るとしては定価は\378,000ですが、値段はそこまでではないと思います。
発売時期の関係で年代がそこまで古いビンテージがないアコースティックですが、これから障害のギターを探すならば悪くないでしょう。
ギターの音は育っていくものですから。

(PR)テクノラティプロフィール

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4848207
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6