ギターWBG
Google
 

シダー

シダーはアコースティックギターやクラシックギターのトップ材に使用されることの多い材で、日本名をヒマラヤスギともいいます。
シダーはカナダやアラスカ南部、ロッキー山脈に生息する木で、同じギタートップ材に使われるスプルースと比べると柔らかい音色でさらにレスポンスがいいギターサウンドが得られます。高域の抜けやバランスを重視するギタリストには最適なトップ素材がシダーです。

シダーの弱点は強度が弱いことにあります。シダー材は加工にそれ相応の技術を必要とするため、アコースティックギターよりもクラシックギターでの使用が一般的でした。しかし近年ではアコギでもシダーが評価されています。マホガニーをサイドバックに使用し組み合わせてフィンガー・ピッキング用の優しいサウンドを狙ったシダー材のギターも出てきています。

それはもともとシダーがクラシックのトップ材としてスプルースと並ぶ材であり、ヨーロッパのクラシックでもよく使われている素材であること、そしてフィンガーピッキング奏法がガット弦と共通する繊細なサウンドを求めることも関係がありそうです。ギタリストのタッチに敏感に反応するアコースティックギターが求められているということでしょう。なお、比較的ローコストな機種のギターではシダーを採用する場合が多いのがシダーで、ウエスタンレッドシダーが多く使われます。アメリカンレッドシダーなどの赤みを帯びたシダー材も人気のようです。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4864964
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6