ギターWBG
Google
 

トップとサイド・バックの組み合わせ

アコースティックギターに使用される素材の組み合わせをいくつか紹介していきたいと思います。材単体の特性だけでなく材の組み合わせによってギターの音色は変化していきます。そこでトップとサイド・バックのセレクトはある程度のギター選びの指針となるでしょうからいくつかの組み合わせを見てみましょう。
中にはハカランダに厚い信仰を持つギタリストや高価なだけで良しとする向きもあります。あくまでギターは弾いて聞いて判断したいですね。

アコースティックギターによくあるトップ材とサイド・バックの組み合わせ@

スプルーストップ+マホガニーサイド・バックはマーティンではのD-18に使われる素材の組み合わせです。D-18にいえるサウンドの傾向でもありますが、比較的明るいサウンドで抜けの良い音質になる傾向です。パワーはD-28に比較すると劣る分さらりとした音を鳴らします。全てのギターが太い音がいるかというと欲しい音も違うはずですから試してみましょう。スプルーストップ+マホガニーサイド・バックでは中低音が暖かみを持ち、高音域に張りがあります。ストロークの時にうるさくなく、ギブソンではJ-45・J-50の素材で使われています。

アコースティックギターによくあるトップ材とサイド・バックの組み合わせA

スプルーストップ+ローズウッド(インディアン、マダガスカル)サイド・バック仕様はギブソン、マーティンともに数多くのギターがあります。マーチンD-28でも使われ、D-18よりも重く深みが出てきます。低音が欲しいときにはこのスプルーストップ+ローズウッドサイド・バックのアコギを比べてみるといいでしょう。ギブソンではレアなカスタム製のguitarなどに見られます。

アコースティックギターによくあるトップ材とサイド・バックの組み合わせB

スプルーストップ+ハカランダサイド・バックはマーティンのゴールデンエラなど高級機種、戦前のモデルなどに見られます。ハカランダとのタッグでトップスプルースはよく見かける組み合わせです。ローズウッドよりもさらに硬い音を持ちます。

アコースティックギターによくあるトップ材とサイド・バックの組み合わせC

オールマホガニーはスプルースをトップに使用するものと比較すると
広がりや鳴りが落ちる傾向があり、高音域に関してはカリっとしていきます。スモールタイプギターには使うこともあるようです。

アコースティックギターによくあるトップ材とサイド・バックの組み合わせD

スプルーストップ+コアサイド・バックは稀少材コアを使った組み合わせ。コアのアコースティックギターは芯があり難い音色を持ちます。オールコアだとより目立ってくる音色ですが、ウクレレを聞くとわかるように甘い音色も持ち合わせています。

アコースティックギターによくあるトップ材とサイド・バックの組み合わせE

スプルーストップ+メイプルサイド・バックだと硬めの音色で指向性が強くなり、どかんと飛んでいく特徴があり、メイプルの個体差によって柔らかさを持つこともあります。ギブソンのキング、SJ-200でもこの組み合わせです。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
こちらにコメントをどうぞ

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4915253
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6