ギターWBG
Google
 

OOO-42

OOO-42を語るときに「エリック・クラプトンが使用した」と形容するのはあまりにも有名でエリック・クラプトンが「MTVアンプラグド」で演奏に使用したことにより日本でも人気が爆発したマーチンOOO(トリプルO)スタイル。MARTIN OOO-42は1939年製のプリウォーマーティンでスキャロップドブレーシングを持つ。
生産本数が少なく1939年製のOOO-42だけで30本、1934年から1943年の9年間でも僅かに113本しか製作されていないという極めてレアなビンテージマーチンギターである。戦前モデルのOOO-42の販売店での価格の相場は100万から150万円ほど、最近の新品ならば半額程度で購入できるようだ。ネックの握りやすさやフィンガーピッキングにも対応してくるレスポンスが早い音はMARTIN OOO-42の人気の秘密でもあり、指のタッチに自信がないと弾きこなせないかもしれない。OOO-42は14Fretでのジョイントでサイドやバックにはソリッドインディアンローズウッドなどが使用されている。ドレッドノートではD-28、D-18、D-45が代表的なギターとして語られるがMARTIN OOO-42はOOO-28とともにトリプルOの象徴的な存在と言える。
戦前のマーチンへの憧れと、神様エリック・クラプトンという2つのキーワードがMARTIN OOO-42の存在価値を押し上げているといっても過言ではないといえる。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4927809
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6