ギターWBG
Google
 

D-35

D-35とD-28、どちらが好きですか?
マーチンの代表的なアコースティックギタで音の比較がよくされるmartinD-35とD-28と弾き比べると、D-28の方が低音の音量があり遠くまで飛んでいくサウンドであるのに対して、D-35は低音の迫力では及ばないものの高音は強調され全体の音もクリアでギターの周りを包みこむような優しい音がします。これはひとつはマーティンD-35とD-28のつくりの違いによるものといえます。D-28などに比べると新しいアコースティックギターのD-35はネックにバインディングが施されていたり、3ピースバックで作られています。D-28と同じ材を使っているものの、3ピースバックのおかげでD-35はより薄くボディを削ることができているのかも知れません。D-35が3ピースを採用した背景には1965年までのマーティンの伝統的ギター作りであったハカランダ材が原産国のブラジルから輸出制限され、代わりになる幅の広い材を求めインディアンローズウッドを試したらいい結果がでたというのが始まりだそうです。Martin D-35の構造が裏板2ピースでないのは幅が狭くてもバック材に活用できるように工夫した結果と言えるかもしれませんね。
一見28と45の間の数字なので誤解を招きますが、D-35の音の方向性はマーティンドレッドノートでも異色の音と言えるでしょう。
もしも楽器店でマーチンの試奏をする機会があったら迷わずD-28とD-35を弾き比べてみることをお勧めします。自分のサウンドの好みがわかるでしょう。
またD-35は処理の難しい低音がすっきりしていることからコンサートやレコーディング用のアコースティックギターとしてもギタリストからの評価が高く、70年代にはフォークシンガーの間ではマーチンといえばD-35と言うくらい売れていたようだ。これは発売された時代と音楽シーンが重なることもあるが、70年代の日本のフォークの定番モデルD-35は今でも多くのミュージシャンに使用され、CHAGEandASKAの飛鳥涼が96年、MTVアンプラグドの出演をきっかけにマーティンD-35をメインギターとして使用したり(65年か66年製)、イルカが”なごり雪”で弾いていたのが1972年製のD-35であります。長渕剛は複数所有しているし、吉田拓郎、なぎら健壱もD-35で演奏している。
D-35使用ミュージシャンをリストアップするなら、遠藤賢司、吉川忠英、小松原俊、西岡たかし、トレイシー・チャップマン、鈴木茂、真島昌利、佐野史郎など日本の音楽シーンでシンガーソングライターからフィンガーピッカーまで幅広い世代のアーティストたちがD-35を弾いているのがわかる。海外ではジョニー・キャッシュが89年製のブラックカラーカスタムD-35を持ってたりボブ・ディラン、スティーブ・ハウ、ブライアン・メイといった大物が弾いているギター。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
小さい頃から好きだったCHAGE&ASKAさんや長渕剛さんも愛用しているギターという事で、大切にこれからも弾いて行きたいと思います☆
イチ
バーバリーブラックレーベル メンズ
バーバリーブルーレーベル
burberry スーツ
バーバリーのコート
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4935952
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6