ギターWBG
Google
 

HD-28V

HD-28Vを紐解いていきます。HD-28VはマーティンのスタンダードギターD-28のビンテージシリーズにあたります。戦前のマーティンD-28はスキャロップ・ブレーシングが現行のD-28よりもサウンドホール側に付けられており、その後の音楽の需要が大音量を求めるようになるとD-28も変化していきます。へヴィゲージも重なりギターの構造が現在のものになって行きます。ビンテージへの憧れと要望からHD-28Vは開発されます。HD-28Vは初期のD-28の構造を再現し、このシリーズはその他のモデルでも行われています。ヴィンテージ・シリーズではフォワード・シフテッド・ブレイシングと呼ぶ力木配置を採用し、現行のマーチンではD-42のみがレギュラーモデルでフォワード・シフテッド・ブレイシング方式を採用するのみです。
戦前のD-28を復刻させたアコースティックギターHD-28Vはヘリンボーントリムやインレイも復刻しつつ(型番の「H」はヘリンボーンの意味でボディの周りに縁取られたニシンの骨の模様のこと)サウンドもレスポンスが非常によくフィンガーピッキングやフラットピックに最適な音を奏でます。繊細な高音域と低音域のまろやかさがマーティンHD-28Vの人気の理由です。hd-28vはその概観の美しさからコレクションに加える方も多いギターでありビンテージマーティンでは手が出ない価格でもMARTIN HD-28Vならばなんとかなる値段…といったところでしょうか。HD-28Vのボディはドレッドノートタイプで14Fretジョイント。トップにはソリッドスプルースを扱い、サイドとバックはソリッドインディアンローズウッドと指板・ブリッジをエボニー、ネックがマホガニーという構成になっています。総単板のHD-28Vはまさにビンテージマーチンを再現することに成功したギターです。(「V」はビンテージの略)

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4982167
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6