ギターWBG
Google
 

用意した弦を張る

ようやくアコースティックギターの弦の張りかえにはいります。
さて、弦はどんあものを使っていますか?ギター弦は太さが数種類あり、ミディアムゲージ、ライトゲージ、エクストラライトゲージなどの原画あり、太いほどテンションが強くなるため細いゲージのライト弦やエクストラライト弦の方が押さえやすさはあります。初心者の場合はライトゲージかそれより細いゲージでもいいでしょうが弦の太さによってギターの音の太さも変わります。無理にミディアムにする必要もないと思いますが、個人的にはライトゲージでフォスファーブロンズのきらびやかな音が好みですね。好きな弦を選びましょう。

新しい弦を見るとポールエンドという丸い輪がありますのでポールエンドの少し先を軽く折り曲げ、ずれにくくした後でブリッジの穴に6本全て差し込みます。ブリッジピンで奥まで固定して弦を引っ張ってあげます。こうすることで止める位置のずれを直しておきます。1本ずつ弦を張っても何も問題ないのですがこのほうが流れ作業で効率がいいかなと思っています。ぶら下がった弦の先が目に入ったりしないように注意しましょうね。

ここから普通の弦の張り方はペグに弦を通していくのですが、わたしは通しません。常に巻き終わった弦がペグのポストの同じ高さになるようにしたいからです。ペグの根元の部分から弦が伸びているのとペグの頭(上)の方から伸びているのではテンションが大分違います。
まずは弦を引っ張りペグから3cmくらいをはかり、巻くための余裕としてたるませます。アコースティックギターだとペグの周りは3,4回転が適当でその目安がこのくらいの長さです。

そして先に弦をペグの穴に通さずに周りに一回転させます。内側から外側にかけて回るのは同じです。1周してきた弦の先を弦の下にくぐらせてから穴に通します。さらに巻きついている弦とペグの隙間に先を入れ込んで固定します。ペグをまわさなくてもこの時点で手を離しても弦はたるむことなく、しかもいつも同じ高さで固定が可能になります。回転させるときに弦を抑える必要もなくなります。
この工程を654123弦の順番で行います。あとはチューニングを正確に行っておしまいです。
人それぞれやり方があるとは思いますがわたしの場合はこの手順だと一番はやくアコースティックギターの弦交換が終わります。

アコースティックギター弦の張り方に戻る

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5022662

弦交換
Excerpt: はいっ、 ちょうどひと月。 脂手やから、弦の傷みが早い。 もちょっと頻繁に換えたいが・・・ 今話題のペグをじっくりと。 なんか安っぽくない?? LS-26のオ..
Weblog: Clipっ, Ng apa-apa
Tracked: 2008-02-08 16:16
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6