ギターWBG
Google
 

ギブソンの歴史

ギブソンはアコースティックギターおよびエレキギターの製造メーカーで世界中で最も有名なギターメーカーですがどんな歴史があるのでしょう。
GIBSONはオーヴィル・ヘンリー・ギブソン(Orville Henry Gibson)によって1894年に創業されました。最初はマンドリンの製作です。
(現在もギブソンはGUITAR以外にもマンドリンやバンジョーを作り続けています。)楽器販売としては1902年にギブソン社は本格始動。
初期のギブソンギターの大きな仕事はギブソンでも有名な個体の一つL5の製作。アーチトップ・ギターL5は1920年代〜30年代に開発された。
エレキギターでは1936年にES-150が登場してくる。
GIBSONの快進撃はまだまだ続き、1952年にレスポールが発売される。
このGUIATRはギブソン社とギタリストのレス・ポールとの競作で今もエレキギターのスタンダードですね。この50年代にエレクトリックギターモデルが次々に生産され、エクスプローラーやフライングVもこの時期に登場してくる。今言ったレスポールには今の形になるまで様々な変遷があり、モデルチェンジを繰り返している。ギブソンを代表するエレキのSGもその一つで元はレスポールSGというモデルだった。
今はギブソンとは別の会社として動いているエピフォンやヘリテージギターズも元はギブソンから分かれたギター製造メーカー。エピフォンはオービルという日本におけるギブソン社公認のブランドから引き継がれたものだし、ヘリテージギターズはギブソンギターの工場がカラマズーからナッシュビルに移る際に残った職人により立ち上げられたアコギメーカー。
どの時代のどのモデルであっても後のスタンダードギターになる背景にはギブソン自体の経営努力もさることながら、エリック・クラプトンなどの有名な大物ミュージシャンがGIBSONを弾くことがヒットの大きな要因にもなっている。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
でも、クラプトンがギブソンのアコースティックを使っているところは見ませんね。エレキはブルースの時などに、ES-335、L-5などを今でも使用していますが…(クリーム時代のSGなどは言うまでもなく)、アコースティックはマーチンばかりです。なぜでしょうね???
たろー
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5321548

エピフォンのリビエラはかっこいい
Excerpt: デザイン最高!エピフォンのリビエラ
Weblog: エピフォンギター
Tracked: 2010-07-29 01:48
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6