ギターWBG
Google
 

ギタースタンド

ギタースタンドは通常のタイプですと1000円もせずに買えてしまいます。ギターによって違う長さ(高さ?)も調整が出来、演奏中ちょっと立てかけたり、飾っておくのにはギタースタンドはかかせませんね。
アコギでもエレキでも使えてコンパクトなギタースタンドの場合、ネックを押さえる部分がなく、三本足だけの形をしています。底面だけでギター本体を支えるギタースタンドなので安定感がないですが、なによりうれしいのは折りたたみ式なので場所をとりません。ハードケースならば中に十分入ってしまいます。
普段はエフェクターなどを入れておくケースなのですがペダルボードに専用の板をくっつけるとギタースタンドとしても使えるようになるタイプもあり、エレキギターで多数の機材を持ち運ぶギタリストにはコンパクトになるのが利点ですがいかんせん値段が高価で1万円委譲してしまいます。エレキを何本か立てられるので省スペースにはいいですけど。
他にはギターのヘッドはネックよりも太くなっていることを利用してヘッドに引っ掛けて壁に吊り下げるハンガーのみのギタースタンドの一種がありますが、ハンガータイプは完全に観賞用という感じがします。ギターハンガーと呼ばれるものです。
高級なギタースタンドは何が違うのでしょうか?
普通のギタースタンドのタイプだと安定感がより増してきます。ギターを置いたときにギターの重みで自然にロックされるスタンドが多いようです。譜面台にしてもマイクスタンドにしても支えが弱くて倒れたりだんだん下がってしまうものがあるんですよね。
それ以上こうかなものんあるとほとんどが複数のギターを立てておけるギタースタンドになってきます。3本くらいのもから多いものだと10本くらい立てられます。本棚か洋服のハンガーラックみたいになります。プロのレコーディング現場とかでよく見かけますね。
アコースティックギターに関してはスタンドではないですが、湿度を保つことも可能な厳かなケースもありますね。下手なギターなら何本も変えるような価格ですけど。弾くとき出すのが面倒くさそう。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5342650
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6