ギターWBG
Google
 

ギターストラップ

ギターストラップのつけ方はどのようにしているでしょうか?ボディの裏に取り付けて演奏しているでしょうか。アコースティックギターの(フォークギターの)場合ならばヘッドの引っ掛けてるかもしれないですね。ギターストラップの付け方は弾きやすさに直結するギターの高さや位置に影響を与えますからストラッロックピンを使って、アコギに穴を開けてしまう人も多いですねえ。ギターの高さは手にどれだけ力が入れやすいか、どの角度で当てるかで調節していくと弾きやすい位置がわかるので、それにあわせてギターストラップの長さを変えていくのが定石です。
それと肩のどの位置にストラップを乗せるのかでも弾きやすさが変わります。首側なのか腕より七日、楽な姿勢を取れる場所を探しましょう。
ギターストラップの選び方はよくギターの位置、高さを変える人の場合には調節のしやすさも考慮したいところです。その点、ズボンのベルトと同じようにいくつかあいた穴に金属をいれて止めるストラップとバックのように二十二重ねる部分を増やすことで長さの調節をするタイプのどちらがいいか決まってくるでしょう。それよりもギターストラップはデザイン重視のギタリストのほうが多いでしょうけどね。ストラップはマーチンやギブソン、フェエンダーなどメーカーが出していますが、見た目にも関わってくるので皮製のストラップの人気が高いようですね。素材感・太さ・ロゴなどで決めるのは女性の小物選びに似てますね。
タダでもらえるようなギターストラップから2万円近くするストラップまであるので一番所持ギターと自分に似合うギターストラップを探してみましょう

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5355495
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6