ギターWBG
Google
 

ギターケース

ギターケースは大切なアコギヤエレキを守るために必要なものです。移動が多くツアーやライブを行う方などは本体のギターを傷つけないよう頑丈なギターケースでしっかり保護したいもの。そのときにネックになるのがギターケース自体の重量。強度が増すと重くなる…そんなジレンマに陥ることがよくあります。
ギターケースは安価なギターを購入した場合もビニール製の単なるカバーとも言えるレベルのソフトケースがついてますが、ソフトケースならば重さはほとんど感じられないですから最も軽量で負担が少ないけれど、少し押されただけで、もろにギターに衝撃が伝わってしまう弱点が。ソフトケースよりもっと丈夫なギターケースはないでしょうか?
中身のギターがお気に入りのギブソンやマーティン、フェンダーだったりしたら気にかけたいところ。アリアやGEWA、RITTER(リッター)などのギターとそのアクセサリーも扱うメーカーから若干強度を上げながらも、ソフトケースよりも丈夫なセミハードケースというものも発売されています。ハードケースよりも軽い分移動時の負担が軽減されて便利です。キョーリツなどもセミハードケースの製作に関わっているようですね。Body Glove、HOSCOといったところからはビニール製のケースはもちろんのこと、ツイードタイプのケースも出ていて、これらの場合、デザインビジュアル的に洗練されているように思います。
見た目でいえばハードケースに書かれるGIBSON(ギブソン)とかMARTIN(マーティン)のロゴは捨てがたいんですけどね。人気ブランドのギブソンやマーチンのハードケースはもう販売していないこともあり、中古を修理して使う方もいらっしゃいます。
セミハードケースはSTENTORやマルエのものを見てみる限りでは大体5000円前後が相場という気がします。
軽量であることの他にギターの運びやすさを向上させる手段で「持ち方」があります。ボブレンや他のモデルで見られるリュックサックのように担げて軽くて強度にも考慮したギターケースはそれだけ高価になってきますが人気が高いようです。
楽器メーカーISHIBASHI楽器とエドウィンがコラボレーションしたリュック式のケースやカラーが豊富なものが出ています。
ハードケースになってくると重量も価格も上がってきますが、最近の軽くて丈夫な新素材の登場がギターケースの場でも活躍しています。グラスファイバー素材を使ったギターのハードケースはその重量をかなり減らしています。イーストマン社などが積極的に販売しているようです。クラシックギター用にアランフェスのギターハードケースが出ていますね。アランフェスは格好いいす。
重量以外のところにも高級なギターケースは気を使っていて、HEADWAY〈ヘッドウェイ)のケースで見かけたのですが、ケース内部の湿度を測る湿度計を内臓したものも出ているようです。
ハードケースで最も重量があるものはストラトやテレキャスなどエレキギターをツアーでがんがん運ぶためのハードケースですね。鉄の箱といった風体です。用途にあわせて最適なギターケースを選びましょう。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5365668
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6