ギターWBG
Google
 

ギター 弾き語り

ギター弾き語り初心者を想定してお話します。弾き語りで場所はどこで歌うのでしょう。初心者のうちはライブハウスよりも路上で、というかたも多いのではないでしょうか。ギター弾き語りを外でやるときは生でギターを弾くのか、アンプを使って音量を大きくして演奏するのかでギターの演奏の注意点や最適なギターも変わってきます。(歌については割愛します)まずは生での演奏の場合、これからアコースティックギターをそろえようというならば、できるだけ遠くまで音が届く、音量がでるアコギがいいわけです。
この場合、ジャンボタイプと呼ばれる大きなサイズのアコースティックギターがいいでしょう。もちろんデッドな場所で十分響く場所が確保できるならその限りではないですが。
アンプを使う場合は、注意が必要なのは聞く気のない人にとってはストリートは騒音でしかないのですから、めいわ君あらない程度に抑えたいですね。CRATEのTAXI-TX15というアンプが充電式で路上シンガーで利用している方も多いようです。ストリートであっても人の前で歌うのですから、恥かしくないだけの演奏をしたいものです。練習はしかりスタジオに入ってやって欲しいですね。練習なのだか本番なのだかわからない人がたまにいますけど。
ストリートを自分の居場所としてステージとして心を込めて歌っているミュージシャンからすればさわうだけの肩はご遠慮したいものなんですね。ギター弾き語りの場合、繊細にアルペジオで演奏したい曲もあるでしょうが、ギターの音色も気にしたいですね。こだわりだすといいアンプにいいピックアップに、なによりいいアコギをということになってきてしまいますけれど。アコースティックギターが騒音をだす道具などと思われないように、頑張りましょうね。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5417098
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6