ギターWBG
Google
 

ピックの持ち方

ピックの持ち方の解説をしていきます。
まず、ピックを用意するのですが、形や硬さにはたくさんのバリエーションがあります。あまりに柔らかすぎるピックは弾きやすいのですがアタック感が出しづらかったり、ガチガチに力んでも音がやわらかくでるので、利点もあるのですが上達してきたときに物足りなさを感じる気がします。自分に合うピックを探しましょう。
ピックの持ち方にはどのような奏法にも共通する持ち方というのがあります。ギターを弾くときに余分な力が入らないようにすることです。
ギターのピックは親指と人差し指で支えるのですが、親指はお腹の部分があたるようにします。ピックの先があまり出すぎるとギターを弾いた時に力が逃げてしまうので5mmから1pくらいが出る程度にするのがポイント。
人差し指側は指先よりも横腹で押さえるようにするのがいいでしょう。
他の指は握りこんで力瘤を作ると力が入りすぎてしまうので軽く空間を作って丸めておく程度です。
ピックなるべく軽く持つようにし、引っ張ったら抜けるくらいでかまいません。ストロークピッキングをするときには手首のスナップやひじを使ってスピーディに弾くとリズムもずれにくくなりますね。
はじめはギターを弾くとピックを落としたりするかも知れませんが、ピックを握りこまないように力の加減を試すといいでしょう。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5437297
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6