ギターWBG
Google
 

gibsonピック

gibson製のピックを例にとってピックの硬さや材質に触れます。
Gibsonに限らずピックの厚さや硬さは数種類あるわけですが、ピックの厚みは薄いものからThin→Medium→Heavyと厚くなっていきます。
メーカーによってはミリ単位で数字表記しているものもあります。
おにぎり型やディアドロップ型といわれるピックの形があるのですが、ピックにおいては個人的には形よりもピックの硬さにはこだわります。カッティング、ストロークのようにカリっとしたサウンドが欲しいときには固めのピックで弾くし、柔らかく一音ずつ出したいときには・・・ミディアム程度のピックを使います。
追加して材質も気にしているのですが、ギブソンの場合は定番はセルロイドピックですね。ピックはそのサイズや価格を考えても厳密にどのピックmのまったく同じということはないので弾いた感触が違います。感触を確かめながら曲に合うピックを選んでいきます。
わたしの場合はギター弦のテンションは強めで、ギブソンギターなので、ざっくりした音を狙って今言ったような若干固めのピックを選んでいます。
そうしないとピックが弦に負けてしまうので。
GIBSONのGUITARとはいえピックもギブソンかというとそうでもなくて、ツメに近い素材のピックやマーティンのピックを使ったりしますよ。
このあたりはで音と好みで試せばいいだけですけどね。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5456054
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6