ギターWBG
Google
 

ギルドギター

ギルドギターは1953年に始まったアコースティックギターメーカーで、ギブソン、マーティンに次ぐ人気をほこるのがギルドです。
GUILDは高級機でもサイド&バックは合板をあえて使用していたりするので少し重たいアコギになります。GUILDで代表的なのはF-50といったギター。メイプルを使い、バックはアーチトップの技術を用いたカーブド・バックであります。
ギルドを弾くアーティストにはポールサイモンやブライアンアダムス、ジョンクーガーがいます。日本のミュージシャンでは飛鳥涼さんが始めて買ったアコギはギルドだそうです。
ややスリムなグリップで弾きやすいラウンドグリップを持つD-55もまたギルドの代表的なアコースティックギターで、ドレッドノートタイプをしています。
このほかにもGUILDのハイエンドモデルはD-40、F-412、F-512、といったモデルが存在し、高音に澄んだ音が見られるのがギルドの特徴でもあります。それでいてGUILDはパワフルなサウンドを併せ持っていて、豪華なヘッドのデザインとともにファンの多いアコースティックギターがギルドです。私見ですが非常に男性的なサウンドのイメージがあり、ドカンと太い音を奏でてくれるアコギです。ギルドアコースティックデザインというハイコストパフォーマンスモデルでは価格帯も10万円前後なのでメーカーにこだわりがない初心者にも音でギルドをセレクトする方がおられるほどです。
また、12弦ギターにも定評がありるのがGUILDですね。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
ギルドギターは素晴らしいですよね。私は1975年、F50を持っています。鳴りは凄いです。
寺井英人
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5671352
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6