ギターWBG
Google
 

フレット

フレットの話。ギターのフレット打ち込みは木製のハンマーなどを使って行います。プラスティックハンマーなんかも使えると思いますが、フレットを無理にはめ込むのは危険が伴います。大事なギターを慎重に扱う必要があるでしょうから、フレットを取り替えたりする時は押し込む方法が一般的でしょうか。そこでフレットプレス機なるものが発売されています。ギターには消耗する部分があり、代表的なのは弦ですが、ギターフレットもまた消耗品です。毎月交換するようなものではないですけど、磨り減るものがフレットです。
また、ギターによっては新品の時のフレットはネックからややはみ出た形になっていて弾いているときの感触が気になる場合もあります。この場合は削ります。
自分で行うメンテナンスの際はフレットを金属磨きできれいにしておくくらいでいいでしょう。指板にクリーナーが触れると良くないですから。
それと、話は変わりますがアコースティックギター初心者の方はネックが細いほうが弾きやすいということでネックの細いギターを探しがちですが、むしろフェレットの感覚なども見て選ぶほうが指が開かないうちは懸命です。細いネックのギターは全てとは言いませんがフィンガースタイル向きなギターが多いですから。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
アイフォン5機能
ギャラクシーs4 価格
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5704386
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6