ギターWBG
Google
 

本気の初心者のアコースティックギター選び

本気の初心者のアコースティックギター選びってタイトルで進めていきます。簡単に言えば金額を10万円くらい出せるぞ!ってときのギター選びです。10万円くらいのギターというのは選ぶのが一番楽しい価格帯です。というのも各メーカーも個性が出てくる価格帯だからです。
まず、話はそのギターは何で10万円なのか?というところから考えてみたいと思います。よく、やすいギターを選ぶときにどこ産?とたずねるのを目撃したことがありますが、やすいギターはたいがい中国産か韓国製てのはギターの業界も同じです。いつもいやいや、音を聞いて決めたら?と思うのですが、10万円くらいのギターでも国産のギターもあれば海外せいのギターもあります。そしてそれぞれいいところ悪いところがあります。国産ギターの利点は、日本の場合、その精巧な技術にあるのは車などと同じです。非常に当たり外れも少なく裏切られない安心感がそのギターには見出せるでしょう。10万円くらいのギターならば中古かもしくは手工ギターでも手に入る可能性があります。日本人の日本人向けに作ったギターは高温多湿な日本の気候を知り尽くした職人が作るギターということで日本人にも親しみやすい、弾きやすいギターの可能性がありますね。ただ、10万円のギターの価格設定のうち、人件費が大分かかっているということを理解しておかなくてはいけません。大胆にこの部分を下げることは出来ないんですから、価格を下げるためには材料のランクが下がっている可能性もあれば合板で作られチェいる可能性もあるということです。
逆に海外製のギターの場合、人件費は大幅に下げることが出来ます。そのためあたりのギターならば国産よりもいい材を用いた良質なギターを作っていることもあるでしょう。これはメーカーの姿勢によるところが大きいですが代表的なところではエアーズギターなどはその最たる例で、、ギターの生産をベトナムで行っています。いいギターを安くという理念に基づいて職人の指導も行き届いていい音を鳴らすギターが手に入ります。こうした点をこうりょしても10万円くらいの価格ならばたくさんのギターにめぐり合えると思います。なんだったらマーティンもこの価格帯で売ってますしね。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5915850

お買い得、オススメ楽器
Excerpt: 楽器を買うならここ! 初心者の入門用セットから、限定品まで、あなたのお気に入りがきっと見つかるはずです。
Weblog: お買い得、オススメ楽器
Tracked: 2009-03-08 10:36
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6