ギターWBG
Google
 

GREG BENNETT

GREG BENNETTのテーマ
「優れた鳴りが良くて気品がある見た目も格好いいアコースティックギターというと、高級なギターメーカーからしか生まれないのかと思いきやGREG BENNETT(グレッグベネット)のアコギを見ているとそうでもないのかも知れないと思わされます。
SAMICK JAPANの扱うGREG BENNETTのギターはいかにリーズナブルなプライスでアコースティックギターを提供できるかをテーマにしており、、グレッグ・ベネットは非常にコストパフォーマンスの優れたギターといえます。
ナッシュビルにあるグレッグ・ベネットさんのスタジオでデザインなどを構築し、ギターの材ではウォルナットに似たチョコレート色で、灰黒色の縞が特徴の比重が思い材で注目が集まりだしているオバンコールやギターの指板などに昔から使われているエボニー材はアフリカから調達し、ローズウッドは基本的にインディアンローズ、メイプルは北アメリカからと世界中から材木を集めています。

GREG BENNETTのアコースティックギターラインナップ

D 8
ドレッド・ノートタイプのアコギで
リーズナブルと聞くとどうせこんなものだろうと高をくくっていると痛い目にあいます。価格は市場では3万円台なのにもかかわらず、(定価は¥42,000)トップ材はシダー単板のナチュラルフィニッシュで、サイド&バックにはインディアンローズウッドを使用。装飾類も高級感がありアバロンのボディバインディングがされています。ゴールド・グローバー・チューナーがついたヘッドはソリッドなシェイプ。
ネックのナトーあたりは愛嬌としてギグバッグもついていて初心者にもおいしいギターです。

OM 8 CE(オーケストラ・カッタウェイ)
D8モデルをジャッカンシェイプしたOMボディのカッタウェイであるOM 8 CEは基本仕様は同じですが、エレアコとして利用でき、フィッシュマンピックアップ・システム Fishman Clear Wave50 が搭載されています。

OM 15 CE(オーケストラ・カッタウェイ)
OM 15 CEはOM 8 CEの上位モデルって感じでトップ材にはトップ材はクォーターソーン(柾目)のシダー単板を使用し、サイド&バッグにはアフリカ産オバンコールを使用。バランスのなかなかいいGREG BENNETTですが、OM 15 CEはしまった低音が感じられます。
ターコイズ・ブルーのヘリンボーン・バインディングも変り種。

この3つのシリーズがサイドバック合板モデル。市場では5万円台でも手に入るでしょう。やるじゃん韓国メーカーのサミック。

この上位機種になってくる感じなのがASとついたモデル。
ASはオールソリッドのことで、サイドバックがマホガニーなと、ローズウッドのものがあります。他のマーティンなどのメーカーと同じようにマホガニーモデルのほうが価格は安く5万円台、ローズウッドは7万円台です。それぞれASDM(マホガニー)とASDR(ローズウッド)の単板モデルのギターでオール単板ギターとしてはかなりお得なほうですね。ケースもハードケースになるし。

そして最後にもう一つのGREG BENNETTのシリーズはブラックバード・シリーズといい、TMJ 17 CE(シン・ミディアム・ジャンボ・カッタウェイ)とSMJ 17 CE(ソリッド・ボディ・ミディアム・ジャンボ)
があります。メイプルのTMJ 17 CEに対してSMJ 17 CEではマホガニーを使いトップにセレクトされたスプルースを使用した上、ピエゾ・システムはL.R.Baggsになっておりかなりあついです。でもボディは薄いので弾きやすいっす。

ギターWBG注目…ランキング

この記事へのコメント
こちらにコメントをどうぞ

本当に素敵なサイトでした。心から感謝しています。
ゆかり
はじめまして☆
素敵なサイトですね^^応援してますよ♪
mixi
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7318215
ギターWBGHOMEへ 各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6