ギターWBG
Google
 

ギターについて

ギター(guitar)WBGでは世界で愛される楽器「ギター」の情報をお知らせしていきます。

ギターの種類は多々ありエレキギター/アコースティックギター/アコギにエレキの特徴を取り入れたエレアコ、またクラシックギターやフラメンコギター、ジャズギターのような音楽ジャンルから名のついたギターも存在します。

それぞれに様々なguitarメーカーが関わり名品を生み出しています。
ギターメーカーは日本ならばヤマハ(yamaha)やヤイリ(yairi)が有名ですが、モーリスとかタカミネも良質な音を提供しています。

世界ではギブソン(gibson)はアコースティックならJ-45ですとか、エレキならばレスポールが有名。
アコギでしたらマーチン(martin)ですね。

エレキギターでギブソンのライバルといえばフェンダーでしょう。
ストラト・テレキャスターはおなじみです。

こうしたギター(guitar)の種類や機種解説を中心にギターWBGはすすめていきます。初心者目線です。

いいギターがわかったら次は
楽譜とスコアをゲットです。無料でスコアとかタブ譜は探し出せたりします。でもguitar tabの書き方、探し方もコツがあります。

ギター初心者講座ではあらゆる角度からの練習方法を紹介し、ギタースケールを覚えてもらいソロのテクニックを上達に導かせてもらいます。ギターの弾き方はカッティングやアルペジオなどがありますが、基本となるコードも覚えやすいようギターコード表もつくっていきます。弾き方もマスターしましょう。

チューニングにつまづく初心者のかたにも理解しやすいサイト作りをしていきますね。弦の張り方の説明、ピックの使い方、アンプやピックアップの使い方、エフェクターについてなどを項目ごとにじっくり読んでみてください。
ギターフリークスもしくはエアギターだけだった人もギタリストになれちゃいます。ロック、弾き語り、ミスチル、yui、クラプトンなんでも来いです。youngもboysもproなっちゃいなよ!

中古ギター、ビンテージ情報やギター(guitar)動画もどうぞ。
ギタリストの奏法をマネするのは上達の近道ですから。

ギター教室もギター ショップも
日本全国にあり、札幌、仙台、東京、横浜、お茶ノ水、
千葉、池袋、静岡、浜松、新宿、高田馬場、大阪、名古屋、
広島、福岡、沖縄などに展開中です。

お近くの行きつけを見つけてみるのはいかがでしょうか?
お手伝いします。あ、ベースも書きますよ。

常連になると便利です。スタンドやケース、ストラップというようなアクセサリーがたまにもらえたり、リペアを激安でしてくれたり有力なギター情報をくれたりしますから。
ギターマガジン読むよりも現場は早いです。オークションでは手に入らない話ですから。通販でのうまいギターの買い方も教えましょう。

まずはギターWBGでギターの全てを理解してください。

マーティンD-28 2008年

マーティン社175周年にあたる2008年。Martin D-28の新品販売価格は某マーティンギター総代理店では260,925円
毎月7000本前後ものギターを製作するトップメーカーに成長したMartin社ではさすがに職人による手作業だけでは生産が追いつくわけがありません。
工場ではコンピュータ制御がなされ、随所に最新のマシンやロボットが導入されているようです。
もちろん機械化できない部分では伝統的な手作業と融合し、コストパフォーマンスの向上に務めています。
塗料、化学薬品などから社員の健康を守る器械の導入は大いに賛成です。
なにせ大量に生産し、なおかつトップブランドへの期待にこたえなくてはいけないわけですから、職人の腕によって品質が川ってはいけないわけですね。
2008年製のマーティンギターのプレイアビリティーははっきりいって高いです。アジャスタブルロッドは順反りにも逆反りにも対応したタイプになっているし、現行も弾きやすい高さに調整されて出荷されてるし、ピッチも正確になってます。

D-28でいえば5本、6本並べて試奏しても、どれも大きな差がなく、低音のしまりといい、ボリュームといい、繊細さといいクオリティコントロールがきっちりされています。

これら品質の向上に役立っているのがプレックマシンの導入。
Martinでは完成したギターに実際に弦を張ったのと同じテンションをネックとトップにかけトラスロッドの調整を行うプレックマシンを導入しています。
プレックマシンでテンションをかけたギターの指板をスキャンしてコンピュータ解析し、理想的なフレッティングやブリッジサドルの調整や仕上げを行っているそうです。
だからこそ一定の弦高をたもつことができるんですねえ。

マーティンでは4台このプレックマシンを使用していますが、他のメーカーではみられないそうです。

さらには塗装した後に行うパフがけ作業もロボットのアームがギターを掴んで持ち上げ人間がやるように磨きあげる優れもの。

隔離されたブースで行うパフがけは有害な粉塵を吸わずに済む便利物で、自然に優しく効率もよく、という理想的な製作工程だと思います。小さな企業じゃあ出来そうにないですね。
ちなみにパフがけは手作業でも行いますが、作業中も排気機構が優れているので、マスクなしでも作業できる環境。

薄く薄く仕上げるトップの塗装も機械化されており、とどめに驚いたことに音響、音質をチェックするテストルームまであるそうです。
パソコンやケイクウォークで細かくサウンドをアナライズし、品質の安定が可能にしているそう。
厳格なチェックはまだまだあり、工場の一角に配備されたクオリティコントロールチームでは木材やパーツのチェックや完成品のチェックを怠らないそうです。

職人による手作業ってなんだかよさそうだけど、数値に表せるものや正確さというてんではやはりコンピュータの力には及ばないと思いますけどいかがでしょうか?

リゾネーターギター

リゾネーターギターといえば思い浮かぶのはドブロとナショナルというギターメーカー。リゾネーターギターは金属製のギターっス。
古くはブルースの神様サン・ハウスなどが演奏していたスチールボディのギターのことをリゾネーターギターといいます。
構造的に特徴的なのがより大きな音を響かせるためについているスピーカーコーン。この部分をリゾネイターと呼ぶのですが、ブラス、もしくはスチールのボディの音をここで増幅しているわけです。
ドブロやナショナルのリゾネーターギターはネックが木材のものなどは通常の演奏、ポップスやロックでももちろん使用可能ですが、リゾネーターギターの本領を発揮するのはやはりブルーズでのスライドでしょう。シングルコーンやトライコーンのリゾネーターギターがあり。魅力あふれていますが、ただ、重たいんだよね。
スライドギターの魔術師とまで異名をとっていたアーティストにタンパ・レッドがいますが、スチールボディのギターで演奏以上の心に迫る上官をプレイしてくれていました。ジョー・マッコイなどもスチールギターの愛用者で、ハワイアンやブルーグラスのミュージシャンにはリゾネーターギターの愛用者はたくさんいます。
エレキギターで一般的に知られているスティーヴィー・レイ・ヴォーンなどもプライベートではナショナルのリゾネーターギターをボトルネック奏法で弾きまくっていたそうです。

YUIの愛用ギター

YUIの愛用ギターの代表的な1本を紹介します。YUI主演の映画「タイヨウのうた」で弾いていたアコースティックギターといえばピンとくる人も多いのではないでしょうか?
アコギの販売価格というのは1万円台のもあれば100万円を大きく超えるギターもありますが、このYUiのアコースティックギターは定価で93000円です。ギターの初心者でもなんとか手が届く価格帯で中級車にとっても使いやすいギターです。メーカーはフェンダーU.S.A社というむしろエレキギターで有名なメーカー。ギターメーカーとしては一流のFENDERのアコギの「Fender Acoustics GA-45 SCE」がYUIの弾いている愛用ギターです。
YUIの愛用ギター「Fender Acoustics GA-45 SCE」は女性や初心者にもオススメできるアコギです。なぜならば、まずギターを弾きなれていない人にとってはネックの握りやすさはきになるところです。フェンダーはもともとエレキのメーカーですからネックのシェイプも細め(というかVシェイプでフィットしやすい)で弾きやすくなってます。さらにYUIの愛用ギター「Fender Acoustics GA-45 SCE」はオーディトリアムというちょうど中間のサイズのボディを持っているので女性のも弾きやすいでしょうね。エレアコなのでライブにも即投入できるギターなので便利ですが、YUI人気の静で売り切れ状態が続いています。オークションなどでは高い値段が付けられていますから、アコースティック専門店などに問い合わせして注文するほうがいいかもです。そのほうが音の良し悪しも聞けるしね。
店員さんにYUIへの思いを話しましょう。
もしくはYUIモデルの「ESA-10CE」や、インディーズ時代に使っていた「YAMAHA FG-720」なんかをセレクトして我慢するか、どちらかです。

ギターWBG記事一覧6

楽器店の紹介やアーティストの使っているギターを調査していくと、楽器屋のオリジナルブランドやギターメーカーとミュージシャン、アーティストのコラボあるいはカスタムメイドのギターが数多くあることに気がつきます。こうしたギターはやはりファンにとっても非常に魅力があり人気の高いモデルとなっています。
初心者から上級者までそれぞれのギターに魅力を感じる部分が必ずあり、本気のギターを探している人にとってはアーティストモデルに使われている素材やメーカーへの理解も深まるでしょうし、よくよんでっ見てください。

  • エレキギター入門
  • エレキギター教則本
  • YAMAHA DW-7
  • ヤマハギターCJシリーズ年代もの
  • ヤマハ FPX-300
  • ヤマハギターLD/LW
  • 宮脇俊郎
  • 島村楽器
  • 下倉楽器
  • ミュージックランドKEY
  • 石橋楽器店
  • JEUGIA
  • イケベ楽器
  • 梅田ナカイ楽器
  • ロッキン
  • ギターニュース DEPAPEPE、エアギター、着うた
  • ギターストラップ
  • ギタースタンド
  • ヤマハギターCPX
  • ギブソンの歴史
  • CPX-8SY ヤマハギター
  • ヤマハギターCPX-5
  • 桜井和寿使用ギターパート2
  • mr.children桜井和寿使用ギター
  • コブクロ小渕使用ギター
  • yuiのギターコード
  • 初心者がいいギターを弾くこと
  • ギターWBG記事一覧5

    ヤマハの伝統のあるギターや新興勢力のギターメーカーについて書いている記事も多くなってきました。
    一昔前の国産のギターは今でも民芸品に見られるおもちゃのような楽器とはいえない作りのあらいギターが多く、音に関してはさんざんんあものでした。しかしそれはもう戦前レベルの話で国産ギターのよさはすでに皆さんの知るとおりです。ギター産業の事情はさらに進んでいて生産工場はアジア圏にあるメーカーも非常に多くなってきました。人件費の問題ですね。コストパフォーマンスのいい、初めから鳴るギターが数多く生産されるようになり、これからのサウンドがどのようになっていくのかとても楽しみです。

  • 本気の初心者のアコースティックギター選び
  • 5万円くらいのギター
  • 2万円のギター
  • 初心者のアコギ選び
  • コールクラークの素材
  • 中古ギター教則本
  • ギター楽譜の選び方
  • D-18比較
  • トラスロッド
  • ラッカー塗装
  • フレット
  • ウェザーチェック
  • ギルドギター
  • YAMAHA GUITAR LLシリーズ
  • アコギのピックアップ
  • コールクラーク
  • YAMAHA LSシリーズ
  • スタッフォードのギター
  • 谷口楽器
  • Figaro Guitars
  • ウクレレ楽譜
  • gibsonピック
  • サムピック
  • ピックの持ち方
  • ギター 弾き語り
  • ギター初心者のギター選び
  • BOSSエフェクター(オーバードライブ)
  • ギターニュース2
  • ギターパーツ
  • ギターケース
  • 桜井和寿使用ギターパート2

    桜井和寿(mr.children)の使用ギターパート2です。Gibson J-180 Everiy Brothersというジャンボギターがあります。分厚く温かみのある低音と硬めなメイプル材のなす高音部での硬めでハリのあるサウンドが売りのアコースティックギターなのですが、「ニシエヒガシエ」などでも桜井和寿(mr.children)は演奏しているギターです。軽くアコギの音についての解説を書きましたが、なんだか桜井和寿(mr.children)の声について解説している気がしてきました。ヴォーカルとギターの音が似ているなあと。そんな部分も桜井和寿(mr.children)が愛用していたのがこのアコースティックギターなのはよく理解できます。他にも桜井さんはStafford(スタッフォード)という黒澤楽器オリジナルブランドのカスタムモデルを数多く愛用しています。96年に製作されたStafford SAD-2500 prototypeというアコースティックギターはたった2本しか作られていないビンテージギターなのですが、Stafford SAD-2500は桜井和寿(mr.children)と浜田省吾さんが所有しているそうです。オール単板のカッタウェイで後に発売されるStafford SAKURAI Customのきっかけともなったギターです。
    どのアコースティックギターも歌うための伴奏としてのアコギを考える上で一つの答えともいえるサウンドとプレイアビリティを持っているなあと感じられます。桜井和寿(mr.children)さん自身のコメントからはバンドサウンドの中のギターというよりも歌を歌いたくなる、うまく歌える、引き立たせるといった印象を受けます。ギターの当たるボディの振動の気持ちよさについても語っていますしね。

    mr.children桜井和寿使用ギター

    mr.children桜井和寿の使用するギターの紹介。
    Martin D-28 57年製モデルは後に生産が終了してしまうハカランダ材のサイド&バックを持ったマーティンアコースティックギターで、印象的なのは通常のピックガードに比べて3倍近い大きさのピックガード。元はカントリーミュージシャンのレスター・フラットが愛用していたD-28のレプリカモデルに当たる。mr.children桜井和寿の障害のアコギといえばこのMartin D-28 57年製でしょう。「糸」なんかのバラード曲にもガッツのあるロックテイストの曲にも対応するギブソンのニュアンスを含んだマーティンだという。シンガーの持つギターとしても説得力のあるギターですね。よほど気に入ったのかこのモデルと同じデザインのマーティンをmr.children桜井和寿はマーティンの正規輸入代理店クロサワ楽器にカスタムオーダーしており、2000年にインディアンローズウッドのD-28を2本も製作している。大事に引き込まれているアコギで自宅で弾いているそうなのでファンが目にするのはまれでしょう。マーティンといえばD-28と並んで称されるD-45ですが、こちらもmr.children桜井和寿は使用していて、所有しているMartin D-45は71年製。ということでサイド&バックはローズ。「Q」のレコーディングでD-45のきらびやかな倍音あふれるサウンドが活躍したという。そしてmr.children桜井和寿の誕生日のプレゼントにもらったというギターがJ-45。Gibson J-45の男性的なガシガシとした音はライブでも数多く使用されている。mr.children桜井和寿の使用するGibson J-45は58年製のギターで、アジャスタブルブリッジ。といったところがメインで使われるミスチルサウンドの核ともなっているアコースティックサウンドを奏でているアコギ。mr.children桜井和寿の声は男性的な魅力の中に、時に女性的な面をうかがわせるが、mr.children桜井和寿のアコギ選びにも共通する部分でしょう。

    コブクロ小渕使用ギター

    コブクロの小渕さんは普段マーティンのD-41やギブソンのJ-45といったスタンダードな、王道ともいえるアコギを弾いていますね。コブクロのような力強い声で引っ張っていけるユニットにはギブソンもあうし、繊細なバラードにはマーティンのドレッドは大変よくわかる選択しだと思います。が、コブクロのライブだと見慣れないギターの姿を確認出来ます。サウンドホールの、位置が特殊なギターでコブクロの小渕さんは主にストロークに利用しているようです。このギターは、
    Mcphersonというアメリカでは大変人気のあるアコースティックギターで、(Mcphersonはマクファーソンと読みます)日本では正規のルートならばクロサワ楽器でしか手に入りません。最k上級のアディロンダックスプルーストップとローズウッドのサイド&バックのMcphersonはボディーの薄さに特徴があります。価格はたいへんなことになっており50万円をくだることは難しいかもしれません。コブクロの小渕さんの場合はステージ栄えしつつ、エレアコでのサウンドが生に限りなく近く薄くて弾きやすいネックに魅了されたのでしょうか?コブクロの2006年9月にリリースされたベストアルバム『ALL SINGLES BEST』は300万枚を突破したそうですから道具へのこだわりは尋常ではないでしょうね。

    ギターニュース2

    スガシカオってもう、デビュー10周年を迎えるんですね。早い!
    シンガー・ソングライターの憧れの的でもあるスガシカオのJR京都駅ビルで行なわれた無料ライブイベントが公開されます。FM802「PRIME HITZ 802」という番組で9月の11日午後7時から放送だそうです。ギター1本で歌いきるライブの模様はきっと参考になると思います。オブリに耳をすませて注目して聴きたいとわたしも思っております。「夜空ノムコウ」などのバラードはどのように歌が生える結おうなギター演奏をしてくれるのか?楽しみですね。
    ライブの情報としては杏里もカバーアルバム「tears of anri」の記念ライブを行ったそうで、婚約中の米ギタリスト、リー・リトナーとのことばっかりマスコミからは質問受けていたみたいですが、正直、二人のユニットは見たいですねえ。
    なんでもいいからギターがもっと世に出るニュースがあればオッケーとか思っているのは下世話ですかね?
    もう一つギターのニュース。
    3つ目はエアギターのお知らせですけれども、第12回エアギター世界選手権」でまたもお笑いコンビ・ダイノジの大地洋輔が優勝、2連覇を達成したそうです。わたしは本物を弾きます。
    ギブソンとマーティンのアコギをエアギターで表現できるようになるまでがんばります。
    (できるようになったらアップします。まあ無理かな)

    ギターニュース DEPAPEPE、エアギター、着うた

    DEPAPEPE「ほろり二人旅 2007」
    アコースティック・ギター・デュオで人気なのがこの二人DEPAPEPE。、DEPAPEPEは最新DVDは「ほろり二人旅 2007」といい、2007年9月26日に発売が決定しました。DEPAPEPEの「ほろり二人旅 2007」発売を記念してある企画も行うようです。アコースティックギターデュオDEPAPEPEのライブツアーを追いかけたドキュメンタリー映像「ほろり二人旅 2007」はギター上達の大きなヒントになるかもしれませんね。CDで効いていてもどのように弾いているのかわかりにくいですが、映像ならばよりはっきりします。DVDではなくても特設サイトでDEPAPEPE本人たちによる初のアコースティックギター講座をやるそうなので必ずチェックですね。
    第一回のDEPAPEPE、アコースティックギター講座では「必ずチューニングにはチューニングメーターを使いましょう」から始まるチューニングのしかたが航海されています。デパペペでもきっちり音あわせはしているってことですね。

    伊藤由奈「Urban Mermaid」
    伊藤由奈の新曲、「Urban Mermaid」。ここでもアコースティックギターサウンドが味わえることがわかりました。なんとゲストミュージシャンに、フィンガーピッカー、アコースティックギタリストの押尾コータローを迎えているそうです。
    弾き語りやポップスナンバーを弾きたい人は必見です。

    エアギター エピソードゼロ
    チェック:実際には楽器を持たずに演奏し、今や世界選手権まで開催されるエアギターの熱狂をとらえたドキュメンタリー映像が発表されます。ストーリーはエアギター世界選手権進出を目指す2人のエアギタリスト、C・ディディ(デヴィッド・ジュング)とビヨルン・トゥロック (ダン・クレイン)に迫るもの。

    「SUPERギタリスト」
    着メロ、着うた界についにギター専門のサイトが登場。
    着ギターサイト「SUPERギタリスト」は、オリジナルも豊富にそろうギターの着うたがゲットできるサイト。
    いついかなるときもギターの音に触れていたい人はチェックですよ。

    ギター記事読破

    ギターWBGをじっくり最初から読みたいとか、一部分、例えばアコギのことだ知りたい、エフェクターについてじっくり研究したいなど思われた場合はこちらで各カテゴリの先頭から読むことができるように一覧を作成しました。ギターに関する気になる話題を徹底的に解説。アコギ好きにも初心者にもコードが知りたい方にも幅広く記事を増やしていきます。 ギター製作メーカーはギブソン・フェンダー・マーチンだけではありませんし多数の優秀なギターを製作されているメーカーもありますが、カテゴリにないグレコやエピフォン、PRS、グレッチ、ヤマハといったメーカーのアコースティックギター、エレキギターに関してはそれぞれアコースティックギター・エレキギターの項目を参照してください。 (掲載記事数によっては項目も増やすかもしれませんが。) 序々にアップしていきます。またギターの新作やギタリストの最新情報やニュースに関してもランダムに掲載しています。

    サイトマップ

    ギターWBGサイトマップ

    ギター
    ギターの総合案内と壁紙やニュースなどの幅広い話題
    サイトマップもこちらで一覧を探し出せます。

    アコースティックギター
    アコースティックギターの弦やピックガード、エフェクター
    国産やビンテージアコギのガイド

    エレキギター
    ロックギター、エレキギターのモデルや初心者のための選び方
    機種解説、奏法案内など

    クラシックギター
    クラシックギターの奏法やメーカー、モデル紹介。
    音のよさについて

    ギタリスト
    国内・海外のギタリストのプロフィールやお勧めCD、演奏の特徴
    関連するミュージシャンや活動内容
    ギタリストのデータベース

    gibson(ギブソン)
    ギブソンの歴史とモデル紹介。ギブソンサウンドの特徴
    Gibson使用ミュージシャンのリスト
    弾き心地、使用感など

    マーチンギター
    マーティンの歴史やマーチンギターも機種案内。
    ビンテージ、プリウォーなどの音の研究

    フェンダー
    フェンダーギターのモデル紹介と奏法による使い分け方
    アンプとの相性

    ギター素材
    アコギ・エレキに使われる材の案内。材によるサウンドの傾向
    ハカランダの魅力や年代別の材の変化
    ブレイシングなどのギターのつくりの違い

    ギター楽譜
    アーティスト楽譜や初心者向けの教則本のガイド
    無料のものからネットの講座まで解説

    ギターコード
    ギターコード表による演奏補助カテゴリ
    コードの押さえ方のコツなど

    ギター初心者
    ギターをはじめて弾くときに覚えておきたいギターの買い方、
    選び方、演奏方法ガイド

    ギター講座
    本格的に奏法を学ぶギター講座

    ギター教室
    全国各地・ネットなどのギター教室案内

    ギターショップ
    全国の楽器量販店とギター専門店のアクセスと評判
    各店舗のこだわり

    ギター弦
    メーカー別の弦の使用感
    音の特色や弦の選び方

    アンプ
    アンプ紹介と価格、サウンドの特色
    ギターとの相性、使用方法によるアンプのセレクト

    エフェクター
    エフェクターのモデル紹介と機能
    レコーディング時などのエフェクトテクニック

    ピックアップ
    ギターの音の出口になるピックアップの使用感
    アコギ・エレキ、機材案内

    ベース
    ベースのモデル紹介とギター奏法に生かされるベース奏法の話題

    ギター アクセサリー
    ピックやスタンド、ストラップといったギターのアクセサリー
    値段や各種紹介

    ギターはじめに

    ギターにまつわる様々な話をしている項目です。
    guitarといえばyuiギターやギターウルフ、hideギターといった具合にアーティストの使っているものや関連事項を気にしているかたが多いようなのですが、(フリッパーズギターもそうですね)楽器やギターの壁紙・イラストについての詳細もここでふれています。
    わかりやすいギターでの作曲方法などもありますから初心者から上級者、ミーハーまで幅広い項目といえますね。
    ギターのチューニングのやり方なども細かく解説していく予定です。
    さて、リペアマンの知り合いはいますか?
    ギター修理やメンテナンス、改造を自分でやってしまう方もいますがプロには勝てないと思うんですよね。これらリペアや修理の方法やguitarケアの仕方も掲載していきますがあくまで参考までに。
    さらにはギタリストの貴重な情報源、ギターマガジン/ヤングギター/現代ギターといった音楽雑誌のレビューや紹介、演奏から離れてエンターテイメント、遊びとしてのギターの楽しみ方、ギターフリークスやエアギター情報もここです。アコースティクギターやエレキギターの奏法や機種解説だけでは収まらないギター(guitar)の奥深さを味わうにもいいカテゴリに鳴っています。

    ギターWBG記事一覧4

    ギターWBGの記事一覧第4回目です。サイトマップの代わりにでも使ってください。アーティスト別の楽譜紹介とアコースティックギターのピックガードの話になっています。
    ピックガードが剥がれたら軽症のうちに直せばなんてこともないのですが、重度の場合大変なことになります。
    行きつけの楽器屋さんやなじみのリペアマンの存在はプロのギタリストにもいますし、ぜひ見つけて欲しいものです。
    ギター楽譜はマニアックな楽曲だと販売していないことが多いですが、一覧としてお役立てください。
    そして初心者の気になるギター弦の張り方も特集してありますね。
    通常の弦の張り方とは違う方法を解説しています。
    通常の弦の張り方と比べてみてください。どれも画像の準備を進めていますのでリニューアルまでは待っていてください。

    ギターWBG記事一覧4

    ギターWBG記事一覧3

    ギターの最近の情報としてはマーチンギターのそれぞれのD-28やD-35、D-45といったマーチンを代表するアコギの紹介がいよいよ登場して来ました。ネックやトップ材に使っている素材も詳しく追求しています。Martinの個体と材質をじっくり研究してみてください。初心者も上級者もアコースティクギター選びの参考になるかと思います。何が何でもハカランダということではなくて自分の奏法にあうギターが見つかると思います。
    年代と素材とメーカーと値段を詳しく知ることによってよりよい選択ができると思いますよ。
    初めてギターを購入する人の場合はどう弾きたいかはいまいち理解ができない点であると思いますが、うまいギタリストがいれば一緒にギターショップに行き音の確認をして欲しいですね。一生もののギターを手に入れようとしても基準がわからないでしょうし。
    マーティンギターの場合はそのあたり弾きこんでギターの音に詳しくないと難しいですね。最後には予算との戦いになっていくのですが

    ギターWBG記事一覧3

    ギターWBG記事一覧2

    生のアコースティックサウンドを再現するためにエレアコではプリアンプを使用します。エフェクター搭載モデルも多いプリアンプをご紹介。まずはBOSSからヤマハまでの使いやすいプリアンプを案内している記事一覧です。そして他にもギブソンアコースティックギターの紹介やアーティストモデルについての記事を主に掲載しています。
    ご覧ください。

    BOSS AD-8
    ADシリーズは売れ線ですね。音にこだわりだすともっと欲しくなりますが。
    BOSS AD-3
    ギタープリアンプの一覧です
    アコースティックギタープリアンプ
    様々な機能のついたヤマハのプリアンプはアコギのシュミレートもできます
    YAMAHA AG-Stomp
    アコギエフェクターの一覧
    アコギエフェクター一覧
    エフェクターの機能について
    アコースティックギターエフェクター

    アコースティックギターの記事も全メーカーを網羅する予定ですが今のところギブソンから掲載しています。一つのメーカーでも歴史の深いギブソンはこれだけの機種があるのです。
    ギブソン アコースティック
    J-45の兄弟器
    gibson J-50
    これぞギブソン定番のJ-45ですが、どのようなサウンド?
    J-45
    ロックの神様のギターも紹介
    エルヴィス・プレスリーモデル
    ギブソンアコースティックギターはなぜ当たりはずれが多いといわれるのか?今はどうか?
    アコースティックギターギブソン
    スーパージャンボの重低音かつ繊細なサウンドは説得力があります
    ギブソンギター J-250 Monarch
    メイプル素材の音は独特
    CJ-165 MAPLE
    著名アーティストモデルのギターは興味ありますか?
    ピート・タウンゼントモデルのギター
    SJ-200はJ-45に並ぶギブソンの銘機
    SJ-200
    スモールギブソンはジャンボに迫る人気
    ブルースキングモデル
    ギターのブログもいっぱいありますね
    ギターブログ
    ギブソンギターについての考察
    gibsonアコースティックギター
    初心者セットは実際どうなのか?
    エレキギター初心者セット
    ドワイト・ヨーカムモデルはさいころ付き
    ドワイト・ヨーカムモデル

    ギタリストと所有者の一覧も作っています。お役に立てるといいのですが。まずはギブソンです。
    gibsonJ-45所有者
    ボサノバのギターを知りたい人はこのアーティスト
    ローリンド・アルメイダ
    押尾コータロー以来注目のフィンガーピッカー
    赤崎郁洋
    アレンジャーもこなすギタリスト
    マリオ・アヂネー
    アコースティックアルケミーはイギリス版のゴンチチ
    アコースティックアルケミー
    変速チューニングのフィンガーピッカーといえばウィリアム・アッカーマン
    ウィリアム・アッカーマン
    ジョン・アバークロンビーはアメリカのジャズギタリスト
    ジョン・アバークロンビー
    カントリーミュージックの女性ミュージシャンエルミー・ハリスにはギブソンのモデルギターがあります
    エミルー・ハリスのギター

    ギター関連タグ:


    ギターWBG記事一覧1

    ギターについての解説をしているギターWBGですが、特にギブソンアコースティックギターから特集を組んでいます。ギブソンの購入を考えている方には特に役立つのではないでしょうか?
    しかしながら今後もアコギならばマーティンやヤマハのモデル、そして待望されているギター奏法解説もアップしていきます。
    まずは持ち物からというところですね。
    極短い解説を付けてこれまでの記事をリストにしてみました。
    ギターについてのガイドをじっくりお楽しみください。

    ギターについて
    ギブソンハミングバードはデザイン的にも人気の高いギターですのでレプリカも多数作られていますが、鳴らさなくてもギブソンではないとわかるのは材質の違いか、塗装の問題か?
    ギブソンハミングバード
    J-100 Xtraはスーパージャンボの入門編
    J-100 Xtra
    SJ-300 ROSEWOODと聞いて正確に値段をイメージできる人は上級者
    SJ-300 ROSEWOOD
    ギブソンJ-150も紹介しています。
    ギブソンJ-150
    ソングライターデラックスの概観はかなり好みです。
    ソングライターデラックス
    J-160Eはジョン・レノンのやつですね
    J-160E
    B-25といえばスガシカオのレコーディングギター
    B-25
    シェリル・クロウシグネーチャーのモデルはギブソンから
    シェリル・クロウシグネーチャーモデル
    フライトダウはお見事な装飾で鳴りが半端ないです
    gibson DOVE
    SJ-200カッタウェイカスタムをはじめカスタムスーパージャンボは個性が強いので弾くには勇気が??
    SJ-200カッタウェイカスタム
    gibson L-5はジャズ、ブルースマンに愛されるギター
    gibson L-5
    エレキよりはアーチトップ・ギターが僕のサウンドにははまります
    アーチトップ・ギター
    アドバンスドジャンボは人気のギブソンギターで素材構成が好きです
    アドバンスドジャンボ
    J-45カスタムバインはマイアコースティックギターで弾き込むほどにいい音になってきました。
    J-45カスタムバイン
    ギブソンJ-35?J-45じゃあないの?というレアなGIBSON
    ギブソンJ-35
    J-45ローズウッドはギブソンには珍しい高級モデル
    J-45ローズウッド
    ギブソンHeritage(ヘリテージ)のギターはシンプルイズベスト
    ギブソンHeritage
    山崎まさよしの愛機で知られるサザンジャンボの詳細
    サザンジャンボ

    ギタリストの名鑑も製作中です。世界中には数え切れない名ギタリストがいるので追いつかないっす。お楽しみに。

    ジャズギタリストのマーク・アントワンについて
    マーク・アントワン
    タック・アンドレスは一番うまいかなあ
    タック・アンドレス
    フラメンコのヴィセンテ・アミーゴを聞いてスパニッシュ奏法をマスターするのもいいかもです
    ヴィセンテ・アミーゴ
    ジャズギタリスト天野清継のように日本人もレベルが高い
    天野清継
    デュアン オールマンはスライドギターで有名でブルースマン必聴
    デュアン オールマン
    フォーカスのヤン・アッカーマンのギター奏法も秘密
    ヤン・アッカーマン
    ミュリエル・アンダーソンは女性のフィンガーピッキングギタリストで教則ビデオや本も出しています
    ミュリエル・アンダーソン

    ギター関連タグ:


    ギターブログ

    ギターについて書かれているブログを紹介するのもたまにはいいですね。いくつかピックアップしてみます。アコースティックギターの弦の張り方やプロのギタリストの方のguitarサイトです。
    いろんな方がギターコードやメーカーについていけんをもってらっしゃいます。

    おおはた雄一
    http://ohata.eplus2.jp/article/48276903.html#trackback
    弦交換
    http://idaken.cocolog-nifty.com/diary/2005/10/post_6909.html
    ニートの弾き語り
    http://happyl1neat.blog96.fc2.com/blog-entry-13.html#trackback
    いつの間にか弾けちゃう!ギターのくすり
    http://guitaronji.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_7d11.html#trackback
    アコースティックギターな生活
    http://woodyblues.blog62.fc2.com/blog-entry-44.html#trackback
    Music Gear NEWS
    http://blog.music-gear.org/?eid=204496#trackback
    Fresh×CRASH
    http://tyary.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/v_cc6e.html
    いつの間にか弾けちゃう!ギターのくすり
    http://guitaronji.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_e38a.html
    クラシックギターと共に
    http://acchi.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_d75d.html
    すずきん日記
    http://studio144.blog23.fc2.com/blog-entry-123.html
    超素人のギター製作topics
    http://matyu.blog33.fc2.com/blog-entry-186.html#trackback
    30歳からのギター
    http://guitarvocal.blog90.fc2.com/blog-entry-10.html

    アーチトップ・ギター

    アーチトップ・ギターは1900年ごろにバンド演奏の時音量が上がるようにボディの容量を増やす目的でトップ板が中央に向かって丸くふくらんでいるギターのことで、戦前のビンテージのアーチトップの造形はまさに芸術品です。

    アーチトップギターとフラットトップギターとの違いはサウンドホールに見られます。中央に丸くサウンドホールが空いているのではなく、アルファベット小文字のf(またはS)の形をした穴がボディのサイド側に空いています。fホール・Sホールと呼ばれ、今のセミアコなどにもこの形状は使用されています。
    アーチトップ・ギターはピックアップがないため、分類上はアコースティック・ギターです。

    アーチトップといえばGIBSON(ギブソン)。GIBSON L-5は今もジャズギタリストなどに愛されるギターでL-10やL-50といった「L」シリーズが発売されています。(GIBSON L-5は1922年に発売)
    1934年にはアーチトップギターの王様,18インチボディのスーパー400を発表。

    C.F. マーティンはすでにフラットトップギターを製作していました。
    (マーティンがアーチトップをカタログに加えたのは1931年)
    対してギブソンの創始者オービル.H.ギブソンがアーチド・トップ・ギター、フル・アコースティック・ギターを製作し始めます。

    アーチトップギターは、圧力がかからないようにトップ板を曲げるのではなくて、薄い板を沸騰した湯につけプレスして曲げ、分厚い板を内側と外側から削ってなめらかなアーチを形成する手法をとりアーチトップギターは作られています。この作りの違いによりアーチトップはボディとネックに角度が付いていますがフラットトップはボディからネックまで一直線です。背の高いブリッジを持っており弦のテンションでブリッジをて固定します。

    アーチトップギターはフラットトップに比べ、あたたかみのあるまろやかな音を持ち、ボディ全体が響く構造になっています。

    その後ギブソンはハウリングを抑えるためにボディサイズを小さくしピックアップを搭載したESシリーズを発売。
    ESとはエレクトリック・スパニッシュの略で抱えて弾けるギターという意味だそうです。ESシリーズを現在は通称フルアコと呼びギブソンES-175、ES-335、ES-5などが有名。ESシリーズの最初のモデルは1936年のES-150。チャーリークリスチャンモデルと呼ばれる。
    ジャズ・フュージョン・ブルースなどのメインギターに使われることの多いギターです。

    さらなるハウリング防止策に考えられたのがボディ内部にセンターブロックという木を入れて空洞部を2分割にする方法。これをセミ・ホロウ構造といい、通称セミアコ(セミ・アコースティック)となりました。ギブソンではES-335が有名ですね。

    フルアコ・セミアコはピックアップがあるのでエレキギターに分けられます。

    各記事をこちらからも閲覧できます
    ギターWBG記事一覧1
    ギターWBG記事一覧2
    ギターWBG記事一覧3
    ギターWBG記事一覧4
    ギターWBG記事一覧5
    ギターWBG記事一覧6