ギターWBG
Google
 

gibsonピック

gibson製のピックを例にとってピックの硬さや材質に触れます。
Gibsonに限らずピックの厚さや硬さは数種類あるわけですが、ピックの厚みは薄いものからThin→Medium→Heavyと厚くなっていきます。
メーカーによってはミリ単位で数字表記しているものもあります。
おにぎり型やディアドロップ型といわれるピックの形があるのですが、ピックにおいては個人的には形よりもピックの硬さにはこだわります。カッティング、ストロークのようにカリっとしたサウンドが欲しいときには固めのピックで弾くし、柔らかく一音ずつ出したいときには・・・ミディアム程度のピックを使います。
追加して材質も気にしているのですが、ギブソンの場合は定番はセルロイドピックですね。ピックはそのサイズや価格を考えても厳密にどのピックmのまったく同じということはないので弾いた感触が違います。感触を確かめながら曲に合うピックを選んでいきます。
わたしの場合はギター弦のテンションは強めで、ギブソンギターなので、ざっくりした音を狙って今言ったような若干固めのピックを選んでいます。
そうしないとピックが弦に負けてしまうので。
GIBSONのGUITARとはいえピックもギブソンかというとそうでもなくて、ツメに近い素材のピックやマーティンのピックを使ったりしますよ。
このあたりはで音と好みで試せばいいだけですけどね。

サムピック

国内屈指のブルース・ギタリストである打田十紀夫さんが考案したサムピックは通常のサムピックに比べて指にフィットしやすく爪のほうにはゴム製の樹脂を使っています。
サムピックの利点はギターを弾いているときに指からピックが抜けにくいことがあるのですが、このサムピックだとさらにベルトの調整と同じようにちょうどいいサイズにフィットさせることが出来るんですね。価格も500円と試しやすい価格になっています。通常のサムピックでは演奏中に現に引っ掛かりが多いときがあるのですが、それもクリアしているそうです。
あ、サムピックって親指に装着するので通常のピックを持って演奏するときとピックの角度が変わってしまうために、慣れていないとそういうことがおきます。
フィbbガーピッキング奏法をするギタリストやスリーフィンガーを弾きたいときには活用するといいです。
最近は通常のピックに近い親指の側面からピックの先が出せるタイプのサムピックも登場しているので、こちらのタイプのサムピックは使いやすいですね。
親指の腹で弾くよりも特に低音部分をはっきりと出すことが出来ながらも人差し指や中指の自由もあるために、アプレジオ演奏でも大いに活躍しています。

ピックの持ち方

ピックの持ち方の解説をしていきます。
まず、ピックを用意するのですが、形や硬さにはたくさんのバリエーションがあります。あまりに柔らかすぎるピックは弾きやすいのですがアタック感が出しづらかったり、ガチガチに力んでも音がやわらかくでるので、利点もあるのですが上達してきたときに物足りなさを感じる気がします。自分に合うピックを探しましょう。
ピックの持ち方にはどのような奏法にも共通する持ち方というのがあります。ギターを弾くときに余分な力が入らないようにすることです。
ギターのピックは親指と人差し指で支えるのですが、親指はお腹の部分があたるようにします。ピックの先があまり出すぎるとギターを弾いた時に力が逃げてしまうので5mmから1pくらいが出る程度にするのがポイント。
人差し指側は指先よりも横腹で押さえるようにするのがいいでしょう。
他の指は握りこんで力瘤を作ると力が入りすぎてしまうので軽く空間を作って丸めておく程度です。
ピックなるべく軽く持つようにし、引っ張ったら抜けるくらいでかまいません。ストロークピッキングをするときには手首のスナップやひじを使ってスピーディに弾くとリズムもずれにくくなりますね。
はじめはギターを弾くとピックを落としたりするかも知れませんが、ピックを握りこまないように力の加減を試すといいでしょう。

ギターパーツ

ギターパーツにはどんなものがあるのか見てみよう。
ネック、ポジションマーク、プラグ、トラスロッドカバー、ジャック、
…上げだしたら名前がどんどん挙がるのねえ。ギターパーツもまたフェンダーやオベーション、テレキャスター、yamahaの純正パーツでこだわるか、それともギターパーツ専門のメーカーで行きか、選択を迷うところです。
ウィルキンソンとかゴトー製(gotoh)といったギターパーツメーカーの者も引けをとりません。
ギターパーツ「ペグ」
高級なペグで言うとグローバーなどが有名です。ビンテージとかをみてもパーツのみの購入でも5000円近いペグは弦を巻きつける部分でありサウンドに与える影響もあるが消耗品。どちらかというとペグの交換は見た目の変更が目的として多い気が。ゴトーもペグも人気あり。
よくあるのがギターを使っているとねじが緩んでくるのだが、ネジ山をつぶしてしまうケース。
ギターパーツ「スライドバー」
指に装着して名前の通りスライドさせて使うスライドバーですけれど、これもやっぱり金属製のスライドバーが主流ですねえ。
ギターパーツ「ナット」
トップとの間にある白っぽいやつ、ナットは素材によってギターの振動伝達も変わってきます。牛骨やプラスチック、人口象牙なんかがあるけど、人口象牙はTUSQ(タスク)ともいい、ギブソンやテイラー、ラリビー、タコマなどのアコギで採用。
ギターパーツ「サドル」
アコースティックギターの弾き心地に弦の高さ(弦高)があるけど、弦を低くするのに手っ取り早いのがサドル調整。ボディ側のサドルを低く削れば弦高も低くなるけど、ネックの反りがあるときとかは危険。
ギターパーツ「エンドピン」
エンドピン、弦取替え中によくなくしかけます。消耗してくるとロックが甘くなるなあ。エンドピンって。
ギターパーツ「ワインダー」
弦を巻くのに道具を使おうってのがワインダー。
ギターパーツ「フレット」
モズライトギターなんか使っていると特にそうなんですけど、フレットが痛みやすい。弦高を低めに設定しているギターではフレットの磨耗が早いんでしょうね。

ギターケース

ギターケースは大切なアコギヤエレキを守るために必要なものです。移動が多くツアーやライブを行う方などは本体のギターを傷つけないよう頑丈なギターケースでしっかり保護したいもの。そのときにネックになるのがギターケース自体の重量。強度が増すと重くなる…そんなジレンマに陥ることがよくあります。
ギターケースは安価なギターを購入した場合もビニール製の単なるカバーとも言えるレベルのソフトケースがついてますが、ソフトケースならば重さはほとんど感じられないですから最も軽量で負担が少ないけれど、少し押されただけで、もろにギターに衝撃が伝わってしまう弱点が。ソフトケースよりもっと丈夫なギターケースはないでしょうか?
中身のギターがお気に入りのギブソンやマーティン、フェンダーだったりしたら気にかけたいところ。アリアやGEWA、RITTER(リッター)などのギターとそのアクセサリーも扱うメーカーから若干強度を上げながらも、ソフトケースよりも丈夫なセミハードケースというものも発売されています。ハードケースよりも軽い分移動時の負担が軽減されて便利です。キョーリツなどもセミハードケースの製作に関わっているようですね。Body Glove、HOSCOといったところからはビニール製のケースはもちろんのこと、ツイードタイプのケースも出ていて、これらの場合、デザインビジュアル的に洗練されているように思います。
見た目でいえばハードケースに書かれるGIBSON(ギブソン)とかMARTIN(マーティン)のロゴは捨てがたいんですけどね。人気ブランドのギブソンやマーチンのハードケースはもう販売していないこともあり、中古を修理して使う方もいらっしゃいます。
セミハードケースはSTENTORやマルエのものを見てみる限りでは大体5000円前後が相場という気がします。
軽量であることの他にギターの運びやすさを向上させる手段で「持ち方」があります。ボブレンや他のモデルで見られるリュックサックのように担げて軽くて強度にも考慮したギターケースはそれだけ高価になってきますが人気が高いようです。
楽器メーカーISHIBASHI楽器とエドウィンがコラボレーションしたリュック式のケースやカラーが豊富なものが出ています。
ハードケースになってくると重量も価格も上がってきますが、最近の軽くて丈夫な新素材の登場がギターケースの場でも活躍しています。グラスファイバー素材を使ったギターのハードケースはその重量をかなり減らしています。イーストマン社などが積極的に販売しているようです。クラシックギター用にアランフェスのギターハードケースが出ていますね。アランフェスは格好いいす。
重量以外のところにも高級なギターケースは気を使っていて、HEADWAY〈ヘッドウェイ)のケースで見かけたのですが、ケース内部の湿度を測る湿度計を内臓したものも出ているようです。
ハードケースで最も重量があるものはストラトやテレキャスなどエレキギターをツアーでがんがん運ぶためのハードケースですね。鉄の箱といった風体です。用途にあわせて最適なギターケースを選びましょう。

ギターストラップ

ギターストラップのつけ方はどのようにしているでしょうか?ボディの裏に取り付けて演奏しているでしょうか。アコースティックギターの(フォークギターの)場合ならばヘッドの引っ掛けてるかもしれないですね。ギターストラップの付け方は弾きやすさに直結するギターの高さや位置に影響を与えますからストラッロックピンを使って、アコギに穴を開けてしまう人も多いですねえ。ギターの高さは手にどれだけ力が入れやすいか、どの角度で当てるかで調節していくと弾きやすい位置がわかるので、それにあわせてギターストラップの長さを変えていくのが定石です。
それと肩のどの位置にストラップを乗せるのかでも弾きやすさが変わります。首側なのか腕より七日、楽な姿勢を取れる場所を探しましょう。
ギターストラップの選び方はよくギターの位置、高さを変える人の場合には調節のしやすさも考慮したいところです。その点、ズボンのベルトと同じようにいくつかあいた穴に金属をいれて止めるストラップとバックのように二十二重ねる部分を増やすことで長さの調節をするタイプのどちらがいいか決まってくるでしょう。それよりもギターストラップはデザイン重視のギタリストのほうが多いでしょうけどね。ストラップはマーチンやギブソン、フェエンダーなどメーカーが出していますが、見た目にも関わってくるので皮製のストラップの人気が高いようですね。素材感・太さ・ロゴなどで決めるのは女性の小物選びに似てますね。
タダでもらえるようなギターストラップから2万円近くするストラップまであるので一番所持ギターと自分に似合うギターストラップを探してみましょう

ギタースタンド

ギタースタンドは通常のタイプですと1000円もせずに買えてしまいます。ギターによって違う長さ(高さ?)も調整が出来、演奏中ちょっと立てかけたり、飾っておくのにはギタースタンドはかかせませんね。
アコギでもエレキでも使えてコンパクトなギタースタンドの場合、ネックを押さえる部分がなく、三本足だけの形をしています。底面だけでギター本体を支えるギタースタンドなので安定感がないですが、なによりうれしいのは折りたたみ式なので場所をとりません。ハードケースならば中に十分入ってしまいます。
普段はエフェクターなどを入れておくケースなのですがペダルボードに専用の板をくっつけるとギタースタンドとしても使えるようになるタイプもあり、エレキギターで多数の機材を持ち運ぶギタリストにはコンパクトになるのが利点ですがいかんせん値段が高価で1万円委譲してしまいます。エレキを何本か立てられるので省スペースにはいいですけど。
他にはギターのヘッドはネックよりも太くなっていることを利用してヘッドに引っ掛けて壁に吊り下げるハンガーのみのギタースタンドの一種がありますが、ハンガータイプは完全に観賞用という感じがします。ギターハンガーと呼ばれるものです。
高級なギタースタンドは何が違うのでしょうか?
普通のギタースタンドのタイプだと安定感がより増してきます。ギターを置いたときにギターの重みで自然にロックされるスタンドが多いようです。譜面台にしてもマイクスタンドにしても支えが弱くて倒れたりだんだん下がってしまうものがあるんですよね。
それ以上こうかなものんあるとほとんどが複数のギターを立てておけるギタースタンドになってきます。3本くらいのもから多いものだと10本くらい立てられます。本棚か洋服のハンガーラックみたいになります。プロのレコーディング現場とかでよく見かけますね。
アコースティックギターに関してはスタンドではないですが、湿度を保つことも可能な厳かなケースもありますね。下手なギターなら何本も変えるような価格ですけど。弾くとき出すのが面倒くさそう。

ギターアクセサリーはじめに

ギターを普段からいたわってあげたり、ギターの使いやすさを向上するためのギターアクセサリーがたくさんあります。ここではそれらギターの周辺にあるギタースタンド、ギターケース、ギターストラップ、ギターパーツ、さらにはギター塗装について話していきましょう。
ギタースタンドは本来最適な湿度を保つために保管するにはギターケースにしまっておくのがいいでしょうが、ライブ中や練習時、一時的に立てかけておくのに欠かせません。常時複数のギターを持っている人の場合はギタースタンドも6本用や4本用、壁掛け式などをうまくつかっています。これらギタースタンドの価格や種類を解説します。

ギターケースは持ち運びに便利に軽量化したセラミックのギターケースやハードケース、ソフトケースと様々な種類があり、メーカーによっては非常にレアで価格も高いギターケースがありますね。ケースに絞ったカテゴリも作っています。

ギターストラップは本体への取り付け方もいくつかあります。そして各ギターメーカーがたくさんの素材を利用してギターストラップを製作しています。太さやメーカー、ストラップの長さの調整などについて掲載します。

そしてサドルやナットといったギターパーツにも専用に触れる項目を用意しています。変わったところではギター塗装のしかたなども。
すでにギターを持っていてより快適にギターライフを送るためのカテゴリといえるでしょう。

各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6