ギターWBG
Google
 

アコギのピックアップ

アコギのピックアップどれにしよう?
まず、大体のエレアコについてくるピエゾは限界があるように思います。ここでいう限界とはナマギターの再現という意味で。せっかくのアコギのサウンドをライブで再現できないのは悲しいことですし、弾き語りのシンガーにとっては正直歌に集中したいところ。弾き語りのシンガーがライブで一人で歌うのには生のギターの響きが感じられるピックアップを選びたいですね。そこで、ピエゾは一つ卒業してマグネットタイプのピックアップを選ぶという選択肢が出てきます。価格はピエゾ単体を購入するのと変わらないですから、いいアコギを使っているならいいですね。ハウンリングに困ることも少なめですから。ただ、注意点としてパッシブタイプというマグネチックピックアップを選んでしまうと、高音、低音の音のレベルが下がってしまい、音作りにはプリアンプが欲しくなってしまいます。
そこでアクティブな電源付きのピックアップという選択になってきます。ここまで手が出せるならばかなり弾き語りで歌に集中できる音が得られるようになってきます。マイクで直接ギターの音を拾うのもいいんですが、下手なミキサーの場合は出ていて欲しいときにアコースティックギターの音が出ないなんてトラブルもありますし、自分の動きに制限が出てしまうのも難点です。
そういう点でマグネット式のピックアップはいいですね。価格は大体3万円前後のものが多いですね。(LRバックスのM-1とか)
さらにもう2万円ほど追加できるならば違う作戦があります。
コンデンサーマイクとピエゾを混ぜる方法です。生の音をそのまま拾えるコンデンサーマイクの弱点、ハウリングしやすいという点をピエゾの音を混ぜることによって解消できてきます。(同じLRバックスならばデュアルソース)明らかに音も自然な響きになってきます。
このようなピックアップの取り付けの前にエレアコをはなから探すときにはコールクラークとかヨコヤマのエレアコは非常にいいです。特にフィンガーピッカのパーカッシブな音も最善死体ならばこのコールクラークとかヨコヤマの30万円前後してしまうアコースティックギターにするのも手です。ただ、ボーカリストにとってはどこまでボディのたたく音がいるのかという話でもあるのでデュアルソースで十分かなあ。

ギターピックアップをピックアップ

ギターピックアップの追跡をしてみます。ギターピックアップは理想のサウンドを求めて交換するギタリストも多いですし、ギターの音の出口ですからその性能が多きく影響を与えます。
アコギやベースでもギターピックアップはライン出力をしようとするとき必ずといっていいほど利用されていますね。
このギターピックアップにはシングルコイルとハムバッキング、ピエゾ、マグネチックといったふうに電気信号に変える際にいろんな種類が存在しています。
求めているサウンドが分厚くロックサウンドならばギターの音を分厚くして拾ってくれるピックアップがいいでしょうからハムバッキングタイプにしたり、さらっとした音を欲しい時にはクリアな音が売りに鳴るシングルコイルのピックアップになるでしょうし、演奏するギターのサウンドの特性と狙いの音からピックアップも最適なものが変わってきます。好みによってカスタマイズも簡単なのがピックアップの楽しいところですね。
ディマジオやセイモア・ダンカンのギターピックアップは根強い人気を誇っています。
通常購入したエレキギター、アコースティックギターにもギターピックアップはついていますが、アーティストモデルなどに交換したりするのはよくわかります。
ピックアップは弦の振動を電気信号として検出する部分ですから単体で売っているギターピックアップは本体を買うよりも安価に上質なサウンドを求めることができます。
時にアコースティックギターの場合はエレアコとして使うとき、ほとんどのモデルでピエゾというピックアップシステムが使われていますが、ピエゾの場合、アコギのボディの鳴りがいまいち拾えません。ギターをパーカッシブにたたく音とかみゅーとしたチャカっとpいう音は再現しにくいため、通常のコンデンサーマイクで拾った音と混ぜたりなどの工夫で生音に近づけていく努力がなされています。さあて、どんなギターピックアップがあるのか覗いてみてください。

各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6