ギターWBG
Google
 

初心者がいいギターを弾くこと

これまでは価格別に初心者が選ぶギターについて語ってきましたが、この回はまた違う角度で初心者のギター選びをしてみたいと思います。ずばりいうと、「初心者こそいいギターを弾け!」です。予算が間に合うならば本当の本当は初心者の方でもはじめからいいギターを弾くのが上達のコツなんですね。ギターをうまくなるにはとにかくギターに触る、ギターの練習をすることが大事なわけです。他には何もいらないんですね。手に大きさも音楽暦も才能も忙しさも関係ないんですね。とにかく初心者だと言い訳せずに毎日ギターを弾くことが上達のすべです。それを実現するのに最初からいいギターを弾いていい音を知るというのは、もっともいい方法だと思っています。いい音を出してくれるギターは初心者でたとえコードを3つしか弾けなくてもギターの音に酔うことができます。ようするにギターが楽しいんですね。楽しめないことを毎日やり続けるのは大変なことです。憧れのアーティストのCDどおりに音が出せたときの喜びは安価なギターだと中々味わえません。覚悟を決めて高いのを買ってしまうのも悪くないと思います。今の初心者の自分に合わせるのではなく、高級なサウンドを奏でてくれるアコースティックギターにあわせて技術を付けていくほうがいいと思うのですが・・・弾いたときのニュアンスによって音色が変化するのを確かめるにはやはりいいギターでないと難しいですからね。

本気の初心者のアコースティックギター選び

本気の初心者のアコースティックギター選びってタイトルで進めていきます。簡単に言えば金額を10万円くらい出せるぞ!ってときのギター選びです。10万円くらいのギターというのは選ぶのが一番楽しい価格帯です。というのも各メーカーも個性が出てくる価格帯だからです。
まず、話はそのギターは何で10万円なのか?というところから考えてみたいと思います。よく、やすいギターを選ぶときにどこ産?とたずねるのを目撃したことがありますが、やすいギターはたいがい中国産か韓国製てのはギターの業界も同じです。いつもいやいや、音を聞いて決めたら?と思うのですが、10万円くらいのギターでも国産のギターもあれば海外せいのギターもあります。そしてそれぞれいいところ悪いところがあります。国産ギターの利点は、日本の場合、その精巧な技術にあるのは車などと同じです。非常に当たり外れも少なく裏切られない安心感がそのギターには見出せるでしょう。10万円くらいのギターならば中古かもしくは手工ギターでも手に入る可能性があります。日本人の日本人向けに作ったギターは高温多湿な日本の気候を知り尽くした職人が作るギターということで日本人にも親しみやすい、弾きやすいギターの可能性がありますね。ただ、10万円のギターの価格設定のうち、人件費が大分かかっているということを理解しておかなくてはいけません。大胆にこの部分を下げることは出来ないんですから、価格を下げるためには材料のランクが下がっている可能性もあれば合板で作られチェいる可能性もあるということです。
逆に海外製のギターの場合、人件費は大幅に下げることが出来ます。そのためあたりのギターならば国産よりもいい材を用いた良質なギターを作っていることもあるでしょう。これはメーカーの姿勢によるところが大きいですが代表的なところではエアーズギターなどはその最たる例で、、ギターの生産をベトナムで行っています。いいギターを安くという理念に基づいて職人の指導も行き届いていい音を鳴らすギターが手に入ります。こうした点をこうりょしても10万円くらいの価格ならばたくさんのギターにめぐり合えると思います。なんだったらマーティンもこの価格帯で売ってますしね。

5万円くらいのギター

初心者のギター選び講座をまだまだ続けていきますが、今度は少し価格設定を上げてみました。以前に書いたエレアコタイプなどの初心者向けのギターはこの5万円くらいの価格帯が無難かなと考えています。というのはいいピックアップが搭載しているモデルたくさんあるからです。ピックアップはギター本体の進化よりも数段早く進歩を続けているので、今のエレアコならばライブでも十分使えるサウンドが出すことが出来ます。5万円くらいのギターでも4万円くらいのピックアップが搭載されていたりして、お得です。タカミネやオベーション、エピフォンといったエレアコタイプのギターもこの5万円くらいのギターとしてエントリーモデルが存在していますからオススメです。中にはピエゾだけでなく2ウェイタイプのピックアップを搭載しているものも5万円くらいのギターならば手に入ります。中古で探せば倍位するアコギが売っていたりもしますので何軒も探してみましょう。
金額は上乗せすればきりがないのですが、以外に長く使えるギターにもなるでしょうし、ギターをやめにくい感じになってきません?初心者の方は高いギターを買うのも大いにありだと思います。すぐにやめる弾けないままのギターに2万円出すよりも、長く弾くことになるギターに5万円のほうがよっぽどリーズナブルな気がするのですが。
5万円くらいのギターだと使い方としては路上などで湿気にさらされるからもう持っている高いギターは持ち出したくないってときにもつかえますし、ハードケースがついたタイプもあったりしますからね。

2万円のギター

2万円のギターというタイトルで始めますが、初心者のアコギ選びの続きです。単板と合板の差は比較的リーズナブルなギターではちょうど2万円くらいから分かれてきます。ギターのサウンドを考えると2万円に少し足した位のギターが初心者の練習用には、入門用にはいい気がしています。ボディサイズは前述したように好みもあるのですが、体が小さい女性などは両手が力の入りやすい体の前に持ってこれるように小さめのサイズのギターのほうが演奏が楽なはずです。
ここまで来たところで若干マニアックな選択肢になってくるのですが、安いギターというのは店頭でも扱いがあまりよくありません。湿気にやられていたりブレイシングがはがれかかっていたり、(簡単に言えば壊れかけってことですかね)という可能性も否定できません。メーカーから来た時点では壊れているようなケースはほとんどないでしょうから、お店に入りたてで、状態のいいギターを選びましょう。これを見極めるには一番早いのはショップの人に聞くことです。次に弦がさびていないか見ることです。ただ、弦は店頭でも交換できるものですから一概に新しい弦だからといっても安心できません。初心者のアコギ選びでもギターに詳しい友人がいるならば一緒にいってチェックしてもらうのも手ですね。2万円のギターだからと適当に扱われているお店では買いたくないものですから親切な店員さんが見つかるといいですね。もう一つ初心者のアコギ選びのポイントを言っておくと、弾きやすさという点ではネックの握りやすさがあります。普通の人はより細いネックのほうが握りやすい傾向にあるようです。スタッフォードとかフェンダー、モーリスなどはけっこう細めになっていると思います。(2万円で収まらないかもしれませんが)それと実際に弾いたときの弦の押さえやすさというのは弦高というものも絡んできます。弦高が高すぎると押さえるのが大変になりますが、これに関しては安価なギターではあえて高めに設定しています。弦高が低すぎるとギターを弾いたときに「ビビる」状態になります。きちんと音が出ない状態です。これは絶対にメーカーは避けたいので、2万円台のギターはほとんどの個体であえて弦高は上げ気味にしてあります。気になるならば店員さんにあとで低くしてもらいましょう。(無料でやってくれるところもあります)

初心者のアコギ選び

初心者のアコギ選びで価格、値段にとことんせまってみましょう。
第一回目は予算を大体2万円前後に絞ってアコースティックギターを選ぶならばどういう選び方をすればいいのか?です。
初心者のアコギ選びで、2万円という価格は楽器屋さんをみるとほとんどの場合、店頭に並んでいる悪く言えばぞんざいな扱いを受けているともいえるアコギになって来るでしょう。
何本も並んでいるギターの中でどこに目を付けて初心者はギターをセレクトすればいいでしょうか?
まず、メーカーでいうと、この価格帯はARIA、YAMAHA、Stafford、JAXSON、エピフォン…といったブランド名が浮かんできます。最初に木にしたいのはエレアコとしての使用をするかどうかです。エレアコとかシールドを通してアンプにさすことで(つまりライブとかで使うギターか?)音量を拡大できる昨日がついているかは非常に大きなポイントです。このエレアコの機能をピックアップといいますが、低価格帯のアコギであってもピックアップ単体は2万円から4万円相当するものを搭載していることが多く、後付するよりもお得になってきますから、エレアコ使用を考えるならば、そのようなモデルのギターをセレクトするのが懸命です。生アコースティックギターを選択するときには音量がポイントになるのですが、(音が出ないギターでは弾いていて楽しくないですからねえ)実はギターの音量というのはボディのサイズが変わってもそんなに大幅に変わるものではありません。実は低音と高音のバランスが占める割合によって大きく聞こえたり、聞こえなかったりという差のほうが大きいのです。そのため、大きな(ドレッドノートタイプ)ギターか少し小ぶりな(オーディトリアムタイプ)ギターを選ぶかは抱えたときの弾きやすさに関わると思っておくといいです。あとは見た目ですね。個人的にオススメなのは低音が大きめに出てくれるギターです。それはどういうギターかというと、単板ででかいギター。単板か合板かは音の響きに及ぼす影響が大きく、単板のほうがなりやすいので、初心者にも単板のほうがいいと思います。

ギター 弾き語り

ギター弾き語り初心者を想定してお話します。弾き語りで場所はどこで歌うのでしょう。初心者のうちはライブハウスよりも路上で、というかたも多いのではないでしょうか。ギター弾き語りを外でやるときは生でギターを弾くのか、アンプを使って音量を大きくして演奏するのかでギターの演奏の注意点や最適なギターも変わってきます。(歌については割愛します)まずは生での演奏の場合、これからアコースティックギターをそろえようというならば、できるだけ遠くまで音が届く、音量がでるアコギがいいわけです。
この場合、ジャンボタイプと呼ばれる大きなサイズのアコースティックギターがいいでしょう。もちろんデッドな場所で十分響く場所が確保できるならその限りではないですが。
アンプを使う場合は、注意が必要なのは聞く気のない人にとってはストリートは騒音でしかないのですから、めいわ君あらない程度に抑えたいですね。CRATEのTAXI-TX15というアンプが充電式で路上シンガーで利用している方も多いようです。ストリートであっても人の前で歌うのですから、恥かしくないだけの演奏をしたいものです。練習はしかりスタジオに入ってやって欲しいですね。練習なのだか本番なのだかわからない人がたまにいますけど。
ストリートを自分の居場所としてステージとして心を込めて歌っているミュージシャンからすればさわうだけの肩はご遠慮したいものなんですね。ギター弾き語りの場合、繊細にアルペジオで演奏したい曲もあるでしょうが、ギターの音色も気にしたいですね。こだわりだすといいアンプにいいピックアップに、なによりいいアコギをということになってきてしまいますけれど。アコースティックギターが騒音をだす道具などと思われないように、頑張りましょうね。

ギター初心者のギター選び

ギター初心者の初めてのギター選びのコツ
アコースティックギターにしろ、エレキギターにしろ初めて楽器屋さんにいって即決で決めるにはたくさんギターがありすぎて、どのギターにすればいいのか初心者だときっと迷ってしまいます。
どんなギターを選べばいいんでしょうか?
わたしなりにいくつかポイントを絞ってみます。

ギターの価格
予算が無尽蔵にあるわけではないでしょうからギターの値段は初心者が購入を決めるために大事なポイントでしょう。
1万円もしないギターセットから、ビンテージの初心者にとっては何でこんなに高いの?と思えるマンションくらい買えそうな高級ギターまであります。安いギターでもいいと思いますけど、注意点は初心者の域をすぎてギターに詳しくなってくると、おそらく買い換えるのは間違いないって琴です。もっと高いのを買うと思います。

次に見た目やブランド
次に考えたいのが見た目です。初めてのギターを弾くかたに結構多いのが、音そのものよりもバンドで目立つデザインをしているか?という見た目の問題です。派手なものがすきなのか、かわいいのがいいのか、渋い木目が欲しいのか、パッと見で決まるギター選びの要素ですね。また、ギブソンとかフェンダーとか、マーティンなどのトップブランドであるというのも見た目に与える説得力が出てきます。
好きなアーティストと同じモデルというのも手ですね。ただ、見た目の好みもギターに詳しくなると意外に変わるものです。

音のよさ
上の2つのギターの選び方は初心者であっても難しいことではないでしょうが、ギターの音が良いか悪いかというのは慣れていないとわかりにくいものです。音量だけでセレクトするのか、サスティンを考慮するのかなど特徴が個体によって違いますね。個人的に初心者の始めのうちからいい音に慣れておくほうがいいと思うんですけどね。

弾きやすさ
ネックの太さや弦高、ボディサイズの違いで弾き心地も変わってきます。今すぐ弾きやすいギターを探したいというのであればボディはスモールサイズの方が弾きやすいでしょうが、ネックは後からでもリペアマンに調整してもらえばいい話なので気にすることもないかなあ。

使い方
アコギならライブでラインで音を出すのか、生で路上で弾くのか、エレキならばカッティングしたいのかソロをやりたいのかで向いているギターが変わるという、本当に選択肢の広い楽器ですねえ。

だいたいこれらのポイントをクリアする楽器を選択すれば初心者でも後悔がないんですが、そこまでビシっときまってない事のほうが多いでしょうね。わたしの場合は音と見た目で選びました。

ギター初心者はじめに

ギター初心者のためのカテゴリです。ここではどういうことを掲載していくかというと、まずはギター初心者向けの練習方法ですね。ギター初心者にも覚えやすいコードや楽譜、曲の掲載です。簡単な楽譜などの見極め方などについて書いています。
その前にギターの持ち方やストラップの位置なども気になるところでしょうか?まったくギターを弾いたことがないかたでも理解できるようにしていきますね。
そしてギター本体の購入に関して。エレキ、フォーク、アコースティックギターのどれでもいいのですが、初心者向けのギターはどういうものか、ギター初心者が選ぶべきギターはどういうものかの解説していきましょう。初めて購入するギターで気にするのは価格でしょうかメーカーでしょうか、それともサウンドでしょうか?理想のミュージシャンに近づくために必要なギターはどれでしょう。
どういうギターがいいのかその理由も添えてお教えていきましょう。

ギター初心者の講座通信教育などもありますが、究極は毎日弾いていればいいだけです。それを可能にするためのめげない初心者用のことや楽譜の見方を解説していくカテゴリです。

各記事をこちらからも閲覧できます
ギターWBG記事一覧1
ギターWBG記事一覧2
ギターWBG記事一覧3
ギターWBG記事一覧4
ギターWBG記事一覧5
ギターWBG記事一覧6